上司の給料に「責任代」は含まれているか?

外資系に見る、デキる上司・デキない上司

さてはて、このように日系企業の上司は責任回避をしがちですが、外資系企業では反対です。

デキる上司は部下の仕事を把握し、必ず責任を取ります。

なぜなら彼らは下の人間よりも高い給料をもらっており、その給料の中には責任代も含まれているからです。

そして何か問題があった時も、なんせ自分が責任を取るのですから

解決できませんでした☆てへ☆

ではすまされません。部下を助け、時として自分がプレーヤーになってでも命がけで問題解決をしようとします。こういう意味で外資系上司の方が日系上司よりも面倒見がいいのかもしれません。

上司の心、部下知らず!?

私もぴちぴちの新人の時、急なレポート作成があり、さっぱりわからないで夜遅くまで残っていたら、上司も残って手伝ってくれました。

私が申し訳なくなって、お礼を言うと上司は

「これがマネジメントだー!!!」

ブチ切れながら叫んでいました。

もう感謝の念とか台無しです。そもそもこれじゃ上司が責任を取ってくれている姿に部下が感動して、

「やだ……愛してる!この人のために働きたい!」

……と、まあ全然思いませんよね。

上司の心、部下知らず、といったところで、今日は失礼いたします☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT