上司の給料に「責任代」は含まれているか?

外資系に見る、デキる上司・デキない上司

私が働いている間、途中で部長が変わったのですが、その新しい部長は私の業務を何も把握しようとしませんでした。

外資系企業では通常、新しい上司がやってくると、その上司は部署の人間の経歴と履歴書に全て目を通し、さらには個別に面談を行います。

今まで果たした役割と実績、仕事への取り組みなど、そして今までの上司からどんな目標設定を与えられていたかを確認し、これによって新しい上司は、自分の上司から与えられている目標を達成するための、すり合わせを行います。

ですが、私が転職した先の日系金融機関ではこの段取りがありませんでした。

上司の「きょとん顔」に驚愕

いつまでたっても面談がされないので、私が「私の業務についての面談は必要ですか?」と新しい上司に聞いてみると、彼はきょとんとして、

「へ? 必要ないでしょう」

と言いました。

私は衝撃を受けました。

私の経歴や業務内容も知らないのに仕事をさせるなんて、これでは右投手か左投手もしらないのに、マウンドに立たせるようなものです。

ですが、そこで気がつきました。

日系企業では、上司が部下の業務を把握しなくても誰かがやらなかったら、他の人がカバーするようになっており、そして、何か失敗したとしたら、責任を取るのは上司ではなくて、業務を行った本人が腹を切る羽目になるのだと。

なんという腹切り文化でしょうか。これではみんな、責任がある仕事はなんとなく避けるようになるのではないでしょうか。

部下の業務の把握も行わない上司を見て私は、

「このおっさんのために腹を切れるか」

と考えた末、

うん!無理だな☆

と思い、そっと履歴書をヘッドハンターに送ったのでした……。

次ページその上司の給与に、責任代は含まれているか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT