リストラで死神につかまる人、見逃される人

外資系の「生き残り術」に学べ!

こんにちは!ずんずんです!

もうそろそろ日本はお花見の季節でしょうか。天気のいい公園で、くいっと日本酒でも飲みながらやるお花見は最高ですよね!

もちろん!シンガポールには桜などありませんが!(涙)

いつでも常夏です。

リストラなんて怖くない?

さてはて、合併につぐ合併で某大手出版社でもリストラが始まる今日この頃、
自分には関係ないとは言い切りたいところですが、そうとは言っていられないのが実情ではないでしょうか。

リストラ……それは突然忍び寄り、息の根を止めてくる死神のような存在……。

いきなりクビになってしまったら、明日のご飯のお銭はどうしたらいいのでしょうか。考えるだけで恐ろしいものです。

ですが、そんな恐怖のリストラは外資系企業だと日常茶飯になっています。

ある日、私がトレーディングルームに行くと部屋の半分の机がなくなっており、フロアを引っ越ししたのかな?と思っていたら、

3分の1が減給され香港に異動になり、3分の2が首になった

と聞いて、

マジ外資系金融、

KOEEEEEEEEEEE!!!!!!

と思ったものです。

これは別のコラムでも書きましたが、会社に入ろうとしたら、入口の警備員さんに止められて、引きずられるように違う個室に通される……なんてこともあるわけです(涙)

そのため、外資系企業に働く人間にとっては、

明日はわが身!

いつクビになってもいいように、「転職したその日から、次の転職活動は始まっている」といった具合に、転職前提の働き方をしています。

なのでクビになっても、すでに転職の準備はできているから、

リストラなんて怖くない!

……と言いたいところですが、そう現実は甘くはありません…。

誰だってこわい!リストラ!避けたい!リストラ!と思っています。

次ページリストラされる3タイプ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。