リストラで死神につかまる人、見逃される人

外資系の「生き残り術」に学べ!

こんにちは!ずんずんです!

もうそろそろ日本はお花見の季節でしょうか。天気のいい公園で、くいっと日本酒でも飲みながらやるお花見は最高ですよね!

もちろん!シンガポールには桜などありませんが!(涙)

いつでも常夏です。

リストラなんて怖くない?

さてはて、合併につぐ合併で某大手出版社でもリストラが始まる今日この頃、
自分には関係ないとは言い切りたいところですが、そうとは言っていられないのが実情ではないでしょうか。

リストラ……それは突然忍び寄り、息の根を止めてくる死神のような存在……。

いきなりクビになってしまったら、明日のご飯のお銭はどうしたらいいのでしょうか。考えるだけで恐ろしいものです。

ですが、そんな恐怖のリストラは外資系企業だと日常茶飯になっています。

ある日、私がトレーディングルームに行くと部屋の半分の机がなくなっており、フロアを引っ越ししたのかな?と思っていたら、

3分の1が減給され香港に異動になり、3分の2が首になった

と聞いて、

マジ外資系金融、

KOEEEEEEEEEEE!!!!!!

と思ったものです。

これは別のコラムでも書きましたが、会社に入ろうとしたら、入口の警備員さんに止められて、引きずられるように違う個室に通される……なんてこともあるわけです(涙)

そのため、外資系企業に働く人間にとっては、

明日はわが身!

いつクビになってもいいように、「転職したその日から、次の転職活動は始まっている」といった具合に、転職前提の働き方をしています。

なのでクビになっても、すでに転職の準備はできているから、

リストラなんて怖くない!

……と言いたいところですが、そう現実は甘くはありません…。

誰だってこわい!リストラ!避けたい!リストラ!と思っています。

次ページリストラされる3タイプ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT