「IT系インド人最強説」の気になるその後

あの海外アウトソースブームはどうなった?

こんにちは! ずんずんです。

ジャパンはそろそろ花粉が飛び交い始めた頃でしょうか。花粉症の皆様はご苦労されているかと思います。まあ、シンガポールは杉とかないので、

花粉症とか関係ないんだけどね☆HAHAHAHA!

すいません。

私も以前はひどい花粉症でしたが、シンガポールに移り住んでからはピタリと治まっております。

花粉症対策に移住

このドラステックなアイデアを提案したいこの頃です。

シンガポールは、世界一物価が高い…

さてはて、円安の影響で、日本円換算すると、こちらシンガポールのほうが、格段に物価が高くなっているのを実感します。現在、シンガポールは世界一物価の高い国ですが、ペットボトルの烏龍茶を買うにも日本円で250円ほどかかり、

正直しんどい。

アベノミクス前は、円高のため、外資系企業はコールセンターやオペレーション部門といったコストセンターを、日本から東南アジアや中国に移動させる流れがありましたが、最近ではその逆、日本に戻そうとする動きがあります。

以前はシンガポールは、格安で有能な人材を得るのにいい場所でしたが、今では物価は世界一高く、それに伴い賃金も上昇、前述のように物価も日本よりも割高になっています。それだったら、

えいや! 日本に戻しちゃえ!!!

ということでしょうか。偉い人の考えることは、雑すぎて困ります。海外アウトソースのちょっと前のトレンドは、IT部門をインドに移すということでした。

次ページここがダメだよ!海外アウトソース!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT