「IT系インド人最強説」の気になるその後

あの海外アウトソースブームはどうなった?

インドと言えばIT立国で、国民は英語ができ、優秀な人材が安い賃金で手に入ることで有名です。今現在、外資系金融機関のほとんどが、インドにIT部門の中心を置いています。

IT立国インドで、スーパー頭のきれる有能なインド人スタッフが、外資系金融機関のITをサポートしている……と言いたいところですが、実際はどうなのでしょうか?

今日は、レッツ国内回帰! ここがダメだよ! 海外アウトソース!についてご紹介したいと思います☆

インド人がITに強くなった、ちょっと悲しい話

話はさかのぼること数年前、まだうら若き愛くるしい私が、日本の外資系投資銀行に勤めていた頃のお話です。すでにIT部門の中心はインドに移り、そのサポートを行うため、日本のIT部門では、

日本人2%

インド人98%

みたいな、人口比率(?)でITルームはリトルインディア状態でした。

ITルームに入るとほんのりとしたスパイスの香り、今でも忘れません。

インドの方のほとんどはヒンドゥ教徒で、牛は聖なる生き物のため、食べることはせず、菜食主義者、お酒も飲まない――はずなのですが、私がいた外資系金融のインド人の人たちは、

毎週バーに行って、

「近江ビーフ、オイシイよ」

とか言っていたような……。

みんな陽気ないい方ばかりでした(遠い目)。

そもそもなぜ、インドはIT立国なのでしょうか? 国の政策としてIT教育に力を入れているということもありますが、その背景には少し悲しい事情があります。

以前、IT部門にリストラの嵐が襲ったときのお話です。外資系ではよく嵐が来るのです。なぜでしょう。

次ページ居酒屋でもリトルインディア
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT