「IT系インド人最強説」の気になるその後 あの海外アウトソースブームはどうなった?

印刷
A
A

「インドのITスタッフの実際のスキルは、送られてきた履歴書と懸け離れていて、プログラムを壊しても知らんぷり。それを直すのはこっちで、わからないことがあったらそのまま放っておいて進捗をごまかす」

OH……。

それは御社の人事がまずいんじゃ?

そう思いましたが、私はぐっと言葉を飲み込みます。

ついに来た!日本人のSEへのラブコール

ポールさんは続けます。

「ある役員が『インドに部署を移すことでコストカットができる』と言って、みんなすばらしいとそれに乗っかって部署を移したけど、実際はそううまくは動いていない。逆に時間がかかるし、不効率だとわかった頃には、

提案した役員は、巨額のボーナスをもらって辞めている。

火の粉をかぶるのはいつも下っ端だよ」

とポールさんはため息をつきます。しかし、その後に彼は言いました。

「でも、インド人スタッフにはいいところもある。とっても我慢強いんだ

もしかしたら、まだアウトソース後の適切な人材育成が進んでいないのかもしれません。インド人の陽気さと我慢強さ、ポテンシャルの高さから、能率と効率が高まることをポールさんは期待しています。

しかし、日本企業が経費削減を目的にしてインドにアウトソースを行うと、国民性やビジネス慣習の違いから、几帳面な日本人責任者が全員、

胃潰瘍で入院してしまうかもしれません。

ちなみに、私がポールさんに、「日本ではブラック企業というものがあり、そこで働く日本人のSEは薄給で残業代もなくても、文句も言わず働き続けるよ」と教えると、

「日本のSEはどこで手に入るんだ」

とポールさんは目を鋭くさせていました。英語さえ克服できれば、日本人SEは無敵なのかもしれません。

といったところで、今日はこのへんで失礼いたします☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT