希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

こんにちは!ずんずんです!

まだまだ寒い日が続いているかと思いますが、皆さまどうお過ごしでしょうか。

この寒さはいつまで続くのか……。いったいいつになったら私は日本に帰れるのか…

気分はもうGIVE ME 有給!!

そんな気分です。

さてはて、日本では一足早い新卒の採用活動が始まるころでしょうか。景気回復の兆しが見えてきたとはいえ、まだまだ就職活動は厳しいものだと思います。

それは世界でも同じことが言え、特に最近ではエリートの証しMBAホルダーも就職難に見舞われているらしく……!? 今日はそんな海外MBA事情をご紹介します。

犬も歩けばMBAホルダーにあたる?!

海外の一流ビジネススクールのMBAホルダーと言えば、日本ではめったに会うことのできない稀少種。スーパーエリートで年収も高く、出会った瞬間、

やだ! 結婚して!

と思われる女性も多いはずです。

ですが、私の住んでいるシンガポールはアジアの金融のハブ。やはりおカネが集まるところには優秀な人材が集まります。そのためMBAホルダーもたくさん集まってきます。

つまりは、シンガポールはMBAホルダーだらけ、犬も歩けばMBAホルダーにあたる状態です。

特にシンガポールはINSEADという超名門ビジネススクールがあるため、ここの在校生、卒業生にもたくさん会うことができます。

いわば、シンガポールはムーギー・キム氏だらけです。

すいません、ちょっと言い過ぎました。

次ページMBAを取る人には2種類いる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。