希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

こんにちは!ずんずんです!

まだまだ寒い日が続いているかと思いますが、皆さまどうお過ごしでしょうか。

この寒さはいつまで続くのか……。いったいいつになったら私は日本に帰れるのか…

気分はもうGIVE ME 有給!!

そんな気分です。

さてはて、日本では一足早い新卒の採用活動が始まるころでしょうか。景気回復の兆しが見えてきたとはいえ、まだまだ就職活動は厳しいものだと思います。

それは世界でも同じことが言え、特に最近ではエリートの証しMBAホルダーも就職難に見舞われているらしく……!? 今日はそんな海外MBA事情をご紹介します。

犬も歩けばMBAホルダーにあたる?!

海外の一流ビジネススクールのMBAホルダーと言えば、日本ではめったに会うことのできない稀少種。スーパーエリートで年収も高く、出会った瞬間、

やだ! 結婚して!

と思われる女性も多いはずです。

ですが、私の住んでいるシンガポールはアジアの金融のハブ。やはりおカネが集まるところには優秀な人材が集まります。そのためMBAホルダーもたくさん集まってきます。

つまりは、シンガポールはMBAホルダーだらけ、犬も歩けばMBAホルダーにあたる状態です。

特にシンガポールはINSEADという超名門ビジネススクールがあるため、ここの在校生、卒業生にもたくさん会うことができます。

いわば、シンガポールはムーギー・キム氏だらけです。

すいません、ちょっと言い過ぎました。

次ページMBAを取る人には2種類いる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT