希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

一流ビジネススクールを出た人は、新しい価値を世界に作り出すという責務を負っています。

MBAホルダーの行く先は、会社の中のエリートになるか、起業してプロフェッショナルとして生きていくかの2つです。

アジュさんが今後どうなるかは、私にはわかりません。

チャンスをつかみたい彼は、社内の人脈強化のために、会社のボランティア活動に参加したり、上司の引っ越しの手伝いをしたり、あれ? 御社ブラック企業じゃない?というぐらい休日返上で働いております。

彼が超エグゼクティブになったら、たかりたいものです。

あ、つい本音が。

ゆるふわMBAホルダーが、日本企業に熱視線

しかし世の中には、こんな気合いの入ったMBAホルダーばかりではありません。日系の海外支店にもMBAホルダーは多く採用されています。

私もほんの少しだけ日系金融のシンガポールの現地法人に勤めていたことがあります。その期間は、最大瞬間風速みたいに短かなものです。

外資に勤めた女は我が強いので、日系とかもう無理なのよ……と、この辺のお話はまたの機会にさせていただくとして。

その某大手日系金融では、たくさんのMBAホルダーが外資系に比べれば、ちょっと低い給料でたくさん採用されていました。

カネの亡者の金融マンが、なぜ給料の低い日系に?

と疑問に思っていたのですが、その謎はすぐに解けました。

そこに勤めていた香港科技大のMBAホルダーのイギリス人トレーダー曰く、

「やっぱり、日系は上司も優しいし、安定してるし、いいね!」

とのことで、

あれ!?

今、日系企業が、ゆるふわMBAホルダーたちの中で、

アツい!?

人事のみなさん、優秀な人材をゲットするチャンスですぞ!!!

といったところで今回は失礼いたします☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。