希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

「実はビジネススクールに行くかはすごく迷ったんだ。今までのキャリアを続ければ安定しているし、給料もそこそこのところに行くだろう。でもね、5年後も同じことをしてるかと思ったら、うんざりしたんだ。

MBAは魔法の杖ではないことはわかっている。今は多くの人がMBAを持っている。その中で勝ち抜くのは大変なことだろう。

それでも挑戦して、新しい世界を見たかったんだ

挑戦。

外資系で働いていると、この言葉をよく聞きます。

彼らにとって安定は死を意味しますつねに自分の付加価値を高めていかなければ、自分が会社の中で存在する意味はないのです。

最初のキャリアで、銀行のフロントオフィスと呼ばれる部門に行けなかったアジュさんは、MBAという付加価値を加えることで、その夢をかなえたわけです。

MBAを取ると、大きなキャリアチェンジを図ることができます。フロントオフィスはITや事務方に比べれば給料は高額です。

また蛍光灯の灯るオフィスで仕事をするよりは、外に出て顧客と出会う仕事は刺激的と言えるでしょう。

ちなみにアジュさんの仕事は、世界中のATMのおカネの量を

MBAマジックでサムシングする仕事

のようなのですが、詳しくはちょっと私の偏差値が低くてわかりません

今度はMBAホルダーとの競争の世界へ

アジュさんが言ったように、MBAは魔法の杖ではありません。

多くの人がMBAホルダーとなった今、「MBA持ってます」というだけでは強みになりません。

当たり前の話ですが、「何ができるか」が重要になってきます。

MBAという付加価値をつけたら、今度はMBAホルダーたちとの競争を勝ち抜くため、さらなる付加価値をつけていかなければなりません。

付加価値とは、市場価値の高い、世界で自分にしかできない仕ができるようになることです。

次ページMBAホルダーが、日本企業に熱視線?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング