希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

そのため、職歴が2~3年ほどありおカネが貯まったバンカーは、仕事を休職するか辞めるかして、ビジネススクールへと通います。もちろんキャリアアップのためですが、それとは別に、ビジネススクールに通っているという名の下、プラプラすることも目的のひとつです。

今まで馬車馬のように働いてきたんだもん! ちょっとは遊びたい!

そんな彼らは、やはり、今までまじめに働いてきたせいでしょうか、ビジネススクールに入ると、時間ができて弾けてしまうらしく、

INSEADのそばにあるコンドミニアム(※プール付き高級アパート)では、INSEADの学生は入居禁止になっております。

いったいどんなに悪いことしたのか気になるところです。

ちなみに、世界銀行からMBAホルダーになり、投資銀行に転職するのがスーパーエリートバンカーの最上位ルートと言われています。

全身ユニクロから、高級スーツの人へ

次いで②のキャリアチェンジしたい人とは、まったく違う職種から、コンサルタントやマーケティング、銀行のフロントオフィスに転職したい人のことです。

前述のアジュさんがこれに当たります。

私はシンガポールでアジュさんと再会したときに、なぜ彼がMBAを目指したかを聞いてみました。

休日の昼下がり、オープンテラスのカフェにさっそうと現れたアジュさん。

おぉ……なんということでしょう。日本では全身ユニクロだった彼が、シンガポールではいいスーツを着ています。

その羽振りのよさに、目頭が熱くなりそうです。

共にチェーン店のカレーを食べたあのアジュさんはもういない……。

伝説の男アジュさんに、なぜビジネススクールに行くことを決めたのか聞くと、
彼はこう答えました。

次ページ彼らにとって、安定は「死」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。