希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

私の元同僚にもINSEADに行った方がいます。

インド人のアジュさん(仮名)は、システムエンジニアでしたが、INSEADに行き、その後、超一流外資系銀行のフロントオフィスに転職、念願のバンカーになりました。

彼は会社を休職してMBAを取りに行ったのですが、

休職中にクビになる

というウルトラCをかました伝説の人でもあります。

INSEAD在学中に上司がクビになり、新しい上司が彼をクビにしたという……。
雇用契約的にオッケーだったかは神のみぞ知るです。

MBAを目指す人の2つのパターン

このように、外資系では休職中でもクビになるリスクがあるわけですが、なぜアジュさんはリスクを冒してまでビジネススクールに通い、MBAホルダーとなったのでしょうか?

と、その前に、ここでどのような人がビジネススクールに通うのかを見ていくことにします。

MBAを取る人には2種類あります。

① 今までのキャリアをステップアップさせたい人
② キャリアチェンジをしたい人

の2つです。

①の今までのキャリアをステップアップさせたい人とは、すでにマーケティング関係、コンサルタント、バンカーといった、稼げるハイエンドな職種についている人のことを指します。

このような人たちがMBAを取り、転職または同じ会社に戻ると職位が上がり、必然的に仕事の範囲も広がることになります。

逆に言えば、仕事の範囲を広げたいのなら、外資系企業においてはMBAは欠かせないキャリアパスのひとつであると言えます。

次ページ全身ユニクロから、高級スーツの人へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング