希少価値なし?どうなる、MBA後の人生!

肉食系から、ゆるふわ系まで多数生息

私の元同僚にもINSEADに行った方がいます。

インド人のアジュさん(仮名)は、システムエンジニアでしたが、INSEADに行き、その後、超一流外資系銀行のフロントオフィスに転職、念願のバンカーになりました。

彼は会社を休職してMBAを取りに行ったのですが、

休職中にクビになる

というウルトラCをかました伝説の人でもあります。

INSEAD在学中に上司がクビになり、新しい上司が彼をクビにしたという……。
雇用契約的にオッケーだったかは神のみぞ知るです。

MBAを目指す人の2つのパターン

このように、外資系では休職中でもクビになるリスクがあるわけですが、なぜアジュさんはリスクを冒してまでビジネススクールに通い、MBAホルダーとなったのでしょうか?

と、その前に、ここでどのような人がビジネススクールに通うのかを見ていくことにします。

MBAを取る人には2種類あります。

① 今までのキャリアをステップアップさせたい人
② キャリアチェンジをしたい人

の2つです。

①の今までのキャリアをステップアップさせたい人とは、すでにマーケティング関係、コンサルタント、バンカーといった、稼げるハイエンドな職種についている人のことを指します。

このような人たちがMBAを取り、転職または同じ会社に戻ると職位が上がり、必然的に仕事の範囲も広がることになります。

逆に言えば、仕事の範囲を広げたいのなら、外資系企業においてはMBAは欠かせないキャリアパスのひとつであると言えます。

次ページ全身ユニクロから、高級スーツの人へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。