エースは17時までは自分の仕事をできない

それまでは次々に雑務が振りかかる

さて、ぼへちゃんの前途多難なプロジェクトはどうなっているでしょうか。

新人さん2人+シニア級エンジニア的な組み合わせなのですが、さすがに、新人さんはわからないことばかり。できる真打ちエンジニアはあっちにアドバイスをしたら、今度はこっちにアドバイス、ということの繰り返しで大忙しです。

こっちの新人さんのバグ取りをしてあげて、それが終わったら、こっちの新人さんの行き詰まっている箇所を一緒に見てあげて・・・。自分の仕事がいちばん多いにもかかわらず、ほとんど手に着かず。あっちへこっちへとぐるぐるしていたら、とっぷりと日が暮れてしまいました。

結局、真打ちエンジニアくんが自分の仕事にようやく腰を据えて取り組めるのは、定時に会社を後にする新人さんを見送った夕方5時すぎだったりします。

「このままだと自分の仕事をする時間がとれない」と苦情を言ってるので、ぼへちゃんはレッドブルを差し入れしてフォローしています。

懐かしの5時から男は、5時から飲みに行くから元気になるのですが、こちらは、5時から自分の仕事が始まるようです。大変ですよね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。