エースは17時までは自分の仕事をできない

それまでは次々に雑務が振りかかる

さて、ぼへちゃんの前途多難なプロジェクトはどうなっているでしょうか。

新人さん2人+シニア級エンジニア的な組み合わせなのですが、さすがに、新人さんはわからないことばかり。できる真打ちエンジニアはあっちにアドバイスをしたら、今度はこっちにアドバイス、ということの繰り返しで大忙しです。

こっちの新人さんのバグ取りをしてあげて、それが終わったら、こっちの新人さんの行き詰まっている箇所を一緒に見てあげて・・・。自分の仕事がいちばん多いにもかかわらず、ほとんど手に着かず。あっちへこっちへとぐるぐるしていたら、とっぷりと日が暮れてしまいました。

結局、真打ちエンジニアくんが自分の仕事にようやく腰を据えて取り組めるのは、定時に会社を後にする新人さんを見送った夕方5時すぎだったりします。

「このままだと自分の仕事をする時間がとれない」と苦情を言ってるので、ぼへちゃんはレッドブルを差し入れしてフォローしています。

懐かしの5時から男は、5時から飲みに行くから元気になるのですが、こちらは、5時から自分の仕事が始まるようです。大変ですよね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。