同時通訳さん!それは翻訳しなくてOKです

IT用語はカタカナでお願いします

今日は久しぶりに会社の研修でセミナー参加のようです。

あれ? ぼへちゃんは連日の激務ですでにセミナー前から眠そうというか、今日は寝る気で来たようですね。

セミナーのスピーカーは外国人らしく、同時通訳がはいるようです。ぼへちゃんは英語でも日本語でも寝そうな勢いですが……。

そして、たまに同時通訳がつきます! ということで、IT系に詳しくない人が、通訳をしてしまう場合があります。

スピーカー:「データベースの索引を正しく使うことで……」

通訳:「あ、インデックスの事を言ってるんだよね」

スピーカー:「サーバーを房構成にすることで、高可用性を実現し……」

通訳:「いきなりぶどうの話? あああクラスタのことかな?」

そのままカタカナで言ってもらったほうが絶対にわかりやすいのに、かなり踏み込んで日本語にしてしまったようです。

最近は、IT用語もずいぶん普通に聞くようになったし、IT通訳の人もずいぶん増えているので、今回のようなケースにあたるのは、まれになりましたが、たまにこういう通訳の方にあたってしまうと、逆に日本語を聞いているほうがちんぷんかんぷんになってきます。

やはりIT用語はルー語かもですね。いずれにしろ、ぼへちゃんは結局、何も聞いていなかったようですね。おつかれさまでした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT