同時通訳さん!それは翻訳しなくてOKです

IT用語はカタカナでお願いします

今日は久しぶりに会社の研修でセミナー参加のようです。

あれ? ぼへちゃんは連日の激務ですでにセミナー前から眠そうというか、今日は寝る気で来たようですね。

セミナーのスピーカーは外国人らしく、同時通訳がはいるようです。ぼへちゃんは英語でも日本語でも寝そうな勢いですが……。

そして、たまに同時通訳がつきます! ということで、IT系に詳しくない人が、通訳をしてしまう場合があります。

スピーカー:「データベースの索引を正しく使うことで……」

通訳:「あ、インデックスの事を言ってるんだよね」

スピーカー:「サーバーを房構成にすることで、高可用性を実現し……」

通訳:「いきなりぶどうの話? あああクラスタのことかな?」

そのままカタカナで言ってもらったほうが絶対にわかりやすいのに、かなり踏み込んで日本語にしてしまったようです。

最近は、IT用語もずいぶん普通に聞くようになったし、IT通訳の人もずいぶん増えているので、今回のようなケースにあたるのは、まれになりましたが、たまにこういう通訳の方にあたってしまうと、逆に日本語を聞いているほうがちんぷんかんぷんになってきます。

やはりIT用語はルー語かもですね。いずれにしろ、ぼへちゃんは結局、何も聞いていなかったようですね。おつかれさまでした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。