同時通訳さん!それは翻訳しなくてOKです

IT用語はカタカナでお願いします

今日は久しぶりに会社の研修でセミナー参加のようです。

あれ? ぼへちゃんは連日の激務ですでにセミナー前から眠そうというか、今日は寝る気で来たようですね。

セミナーのスピーカーは外国人らしく、同時通訳がはいるようです。ぼへちゃんは英語でも日本語でも寝そうな勢いですが……。

そして、たまに同時通訳がつきます! ということで、IT系に詳しくない人が、通訳をしてしまう場合があります。

スピーカー:「データベースの索引を正しく使うことで……」

通訳:「あ、インデックスの事を言ってるんだよね」

スピーカー:「サーバーを房構成にすることで、高可用性を実現し……」

通訳:「いきなりぶどうの話? あああクラスタのことかな?」

そのままカタカナで言ってもらったほうが絶対にわかりやすいのに、かなり踏み込んで日本語にしてしまったようです。

最近は、IT用語もずいぶん普通に聞くようになったし、IT通訳の人もずいぶん増えているので、今回のようなケースにあたるのは、まれになりましたが、たまにこういう通訳の方にあたってしまうと、逆に日本語を聞いているほうがちんぷんかんぷんになってきます。

やはりIT用語はルー語かもですね。いずれにしろ、ぼへちゃんは結局、何も聞いていなかったようですね。おつかれさまでした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。