2流3流先輩社員の小言を聞いてはならない

自分を奮い立たせるために必要なこととは?

くじけそうになったとき、どうやって自分を奮い立たせればいいでしょうか?(写真 :tooru sasaki / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

【キャリア相談vol.66】自分を奮い立たせるにはどうしたらよいか
毎回、記事を楽しく拝見しています。私自身いろいろと努力をし、少しでも前に進みたいと思っており、本も参考に日々、仕事にそして勉強に奮闘しています。
しかしそうは言うものの、時にはくじけそうになったり疲れがたまったり、どうしても嫌になることもあると思います。どういった考えで自分を奮い立たせればいいでしょうか。また、安井さんが20代半ばまで何か具体的にされていたことなどがあれば、ぜひ参考にさせてください。
会社員 努力100%

 

「自分を奮い立たせることが必要のない状態に自分自身を置く」のが理想です。自分自身でいられる居場所を人生で見つけ、イヤになる、「悪い疲れ」を引き起こす状態にいる現状を打破することがカギでしょう。

私自身、仕事を開始したときのダメな状態から、かなり上を目指していたため、自分自身を奮い立たせる必要性を感じたことはあまりありませんでした。やるしかないという感覚だったということです。自分が楽しんで成長できることをやっていたため、ストレスを感じたこともありませんでしたし、疲れても「いい疲れ」だったと思います。

次ページ必要な4つのこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。