できる上司は「正しい優先順位」を知っている

ずるいけどできる、あの人と働きたい

(写真:Taka / PIXTA)

※前編:結局、愛されるのは“ずるい上司”だった!

"いいひと"上司は、雑務に追われる

部下はさっさと帰宅するのに、上司の自分は今日も帰れない……。こんな状況の方は多いのではないでしょうか?(しかも管理職は残業代がつかなかったりしますよね)。

上司の仕事がなかなか終わらない理由は2つあります。ひとつは、“部下の補助輪”として自分が仕事をしてしまう、ということ。

上司は自分のチームを成功させたいという気持ちがあります。そこで、うまく動けていない人がいたら、その部分をやってあげてしまっている上司も多いと思います。本当に「いいひと上司」なんですよね。

もうひとつ、プレイングマネジャーとして、プレイヤーとしての自分の仕事をしながら、マネジャーとしてチーム管理の仕事をしているということです。当然、物理的に負荷が高く、部下よりも時間をかけざるをえなくなります。

次ページ部下にまかせられない人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。