できる上司は「正しい優先順位」を知っている

ずるいけどできる、あの人と働きたい

(写真:Taka / PIXTA)

※前編:結局、愛されるのは“ずるい上司”だった!

"いいひと"上司は、雑務に追われる

部下はさっさと帰宅するのに、上司の自分は今日も帰れない……。こんな状況の方は多いのではないでしょうか?(しかも管理職は残業代がつかなかったりしますよね)。

上司の仕事がなかなか終わらない理由は2つあります。ひとつは、“部下の補助輪”として自分が仕事をしてしまう、ということ。

上司は自分のチームを成功させたいという気持ちがあります。そこで、うまく動けていない人がいたら、その部分をやってあげてしまっている上司も多いと思います。本当に「いいひと上司」なんですよね。

もうひとつ、プレイングマネジャーとして、プレイヤーとしての自分の仕事をしながら、マネジャーとしてチーム管理の仕事をしているということです。当然、物理的に負荷が高く、部下よりも時間をかけざるをえなくなります。

次ページ部下にまかせられない人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT