できる上司は「正しい優先順位」を知っている

ずるいけどできる、あの人と働きたい

(写真:Taka / PIXTA)

※前編:結局、愛されるのは“ずるい上司”だった!

"いいひと"上司は、雑務に追われる

部下はさっさと帰宅するのに、上司の自分は今日も帰れない……。こんな状況の方は多いのではないでしょうか?(しかも管理職は残業代がつかなかったりしますよね)。

上司の仕事がなかなか終わらない理由は2つあります。ひとつは、“部下の補助輪”として自分が仕事をしてしまう、ということ。

上司は自分のチームを成功させたいという気持ちがあります。そこで、うまく動けていない人がいたら、その部分をやってあげてしまっている上司も多いと思います。本当に「いいひと上司」なんですよね。

もうひとつ、プレイングマネジャーとして、プレイヤーとしての自分の仕事をしながら、マネジャーとしてチーム管理の仕事をしているということです。当然、物理的に負荷が高く、部下よりも時間をかけざるをえなくなります。

次ページ部下にまかせられない人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。