正月休みにできなかったことを諦めてはダメ

今からでも、少しずつ取り組もう

1月4日から、仕事が本格始動しました。1週間働いたあとに振り返ると、お正月休みは、もう遠い話。正月気分も完全に抜けた頃なのではないかと思います。でも、今回は正月ネタです。

年末にあわただしく仕事をしていた頃では「お正月休みには普段手を付けられなかったことを集中的にやろう!」と意気込んでいた人も多いのではないかと思います。

ぼへちゃんも、読んでいない本=積読(つんどく)を消化しようと意気込んでいたようです。ところが、友達や家族と飲んだり食べたりしていたら、もうお正月休みが終わっていたようです。

だんなくんが、部屋にある本の山をみて、「結局読んだの?」と厳しい指摘。いえいえ、まったく読めていません! 休みが終わってしまえば、仕事の世界に戻り、システム開発にいそしむ日々。また、新しい本が積まれていくことになりそうです。

しかし、それではマズイですよね。スキマ時間を使って、今からでもコツコツ読み進めていくことが大事なのかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT