正月休みにできなかったことを諦めてはダメ

今からでも、少しずつ取り組もう

1月4日から、仕事が本格始動しました。1週間働いたあとに振り返ると、お正月休みは、もう遠い話。正月気分も完全に抜けた頃なのではないかと思います。でも、今回は正月ネタです。

年末にあわただしく仕事をしていた頃では「お正月休みには普段手を付けられなかったことを集中的にやろう!」と意気込んでいた人も多いのではないかと思います。

ぼへちゃんも、読んでいない本=積読(つんどく)を消化しようと意気込んでいたようです。ところが、友達や家族と飲んだり食べたりしていたら、もうお正月休みが終わっていたようです。

だんなくんが、部屋にある本の山をみて、「結局読んだの?」と厳しい指摘。いえいえ、まったく読めていません! 休みが終わってしまえば、仕事の世界に戻り、システム開発にいそしむ日々。また、新しい本が積まれていくことになりそうです。

しかし、それではマズイですよね。スキマ時間を使って、今からでもコツコツ読み進めていくことが大事なのかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT