正月休みにできなかったことを諦めてはダメ

今からでも、少しずつ取り組もう

1月4日から、仕事が本格始動しました。1週間働いたあとに振り返ると、お正月休みは、もう遠い話。正月気分も完全に抜けた頃なのではないかと思います。でも、今回は正月ネタです。

年末にあわただしく仕事をしていた頃では「お正月休みには普段手を付けられなかったことを集中的にやろう!」と意気込んでいた人も多いのではないかと思います。

ぼへちゃんも、読んでいない本=積読(つんどく)を消化しようと意気込んでいたようです。ところが、友達や家族と飲んだり食べたりしていたら、もうお正月休みが終わっていたようです。

だんなくんが、部屋にある本の山をみて、「結局読んだの?」と厳しい指摘。いえいえ、まったく読めていません! 休みが終わってしまえば、仕事の世界に戻り、システム開発にいそしむ日々。また、新しい本が積まれていくことになりそうです。

しかし、それではマズイですよね。スキマ時間を使って、今からでもコツコツ読み進めていくことが大事なのかもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。