斬新!これが本当に「のめり込む」読書体験だ

音楽や音声で読書を思い切り盛り上げる

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

電子書籍にシンクロしたサウンドトラックを聞きながら、読書にのめり込める新感覚のプラットホームを、ニュージーランドに本拠を置くスタートアップ企業が開発した。

「気を散らすもの」を遮るため着けたヘッドホンから、読んでいる部分に合った音楽や音声などが再生される仕組みだ。サービスと同名の企業ブックトラックのポール・キャメロンCEO兼共同創設者は「読書中にその体験を高揚させる唯一の存在だ」とアピールしている。

電子書籍リーダー会社コボのマイケル・タンブリンCEOも、ブックトラックは読者に追加的な一面をもたらすと指摘。人々は現代の生活の中で、すべての「気を散らすもの」と戦って読書に「のめり込む」体験を作ろうとしているのだ、と述べている。

パソコンやスマートフォン、タブレットに専用ソフトをダウンロードして利用する。ブックトラックで現在人気がある作品には、ジェーン・オースティンの「プライドと偏見」や、「シャーロック・ホームズ・ストーリーズ」などがある。

ブックトラックには、読書ペースを測る機能がある。キャメロンCEOによると、演奏を行う指揮者が「読むスピードが遅くなった。ちょっと待って。OK、次のトラックへ」などと指示するのに少し似ている。このためストーリーに合わせ、音楽などの再生がダイナミックに切り替わるのだ。

ブックトラックには現在30言語、1万6000超のタイトルがある。音声と音楽のデータベースを使って、著者が自身の作品のサウンドトラックを作って追加できるツールもリリースされている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT