スマホで「雑誌読み放題」人気はどこまで?

ドコモ「dマガジン」に主要誌が大挙参加

スマホ向けコンテンツサービス「dマーケット」をアピールする加藤薫社長(撮影:梅谷秀司)

iPhone導入後も思ったように業績を伸ばせず、苦戦続きのNTTドコモ。ただ、同社は数年前から通信分野の成長鈍化を見越して、それ以外の収益拡大策を掲げてきた。その核がスマホ向けの独自コンテンツサービス「dマーケット」だ。

動画見放題のdビデオ(2015年3月末の会員数460万)や最新ヒット曲聴き放題のdヒッツ(300万)、アニメ見放題のdアニメストア(180万)などを中心に、ショッピング、旅行、教育、宅配などを手掛ける。ドコモが自らサービスを提供することで、データ通信量収入を引き上げるのが狙いだ。当初はドコモユーザー限定だったが、2014年度からは他社ユーザーも使えるように開放している。

中でも、急成長を遂げているのが雑誌読み放題の「dマガジン」。2014年6月のサービス開始から会員数を積み上げ、2015年3月末で190万件を突破した。加藤薰社長も「大変好評を頂いており、開始以来順調に伸びている」と胸を張る。月額400円(税込432円)の低額サービスながら、ラインナップは120~130誌と幅広い。

写真週刊誌が人気の上位

「FRIDAY」や「FLASH」といった写真週刊誌から「週刊女性」「女性セブン」などの女性誌、「non-no」「MORE」など女性ファッション誌。さらにはゴルフやスポーツ、鉄道、つりなど趣味系の雑誌も多くそろえた。一部を非公開としている雑誌もあるが、全体の約7割の記事を読むことができる。

最も人気なのは写真週刊誌の「FRIDAY」と「FLASH」。女性誌やライフスタイル系雑誌もランキングの上位に並ぶ。男性の場合は写真誌に加えて「プレイボーイ」などのキャッチーな雑誌も人気だ。女性には女性誌やファッション誌を中心に、ゴシップ系の記事などがよく読まれている。また、講談社がdマガジンに合わせて電子版で復刊した「ホットドッグプレス」は大きめの文字など、スマホやタブレットに合わせたレイアウトで人気がある。

サービス作りに際して、雑誌ラインナップは重要な要素だった。競合サービスを調査すると「雑誌の数が少なく、特定の雑誌を電子版で読みたいユーザー以外は利用しにくい」という弱点が浮かび上がった。また、雑誌を読むユーザーの行動を分析すると、「この雑誌を読もう、と決めて読まれるケースが多く、興味がないものは読まれない」(dマガジンを担当するデジタルコンテンツサービス担当部長の那須寛氏)ことがわかった。つまり、主要な雑誌を網羅しなければ読み放題サービスは見向きもされない恐れがあった。

次ページ出版社の最初の反応は?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。