バンナム、IP開放で「パックマン」が超進化!?

「ゼビウス」など17タイトルの知的財産を開放

IPの開放によって「パックマン」のビジネスはどのように広がっていくのか (Photo by John S Lander / LightRocket via Getty Images)

パックマン、ゼビウス、ワンダーモモ――。往年のゲームキャラクターたちは、オープン化で再び輝きを取り戻すか。

バンダイナムコエンターテインメントは、4月下旬から自社IP(知的財産)の一部オープン化を開始する。通常の版権許諾とは異なり、キャラクター監修などは行わず、簡単な企画審査のみでキャラクターを自由に活用できるようにする。

対象となるのは、「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「ワンダーモモ」といった、ナムコが保有する17のキャラクターおよび音楽、シナリオなど。現在調整を進めているIPもあり、今後さらに広がる可能性もありそうだ。

統合10周年でプランが浮上

2015年はバンダイとナムコが統合して10周年を迎える節目となる。「何か大胆なことをしたい」。社内でさまざまなプランを練る中で浮上したのが、数年前から流行り始めたUGC(User Generated Contents=ユーザー生成コンテンツ)だった。

ただ、UGCはユーザーが自由にキャラクターを二次創作できることで露出が増える一方、品質管理が難しくなるためにブランドを毀損するなどのリスクをはらむ。

「キャラクタービジネスを長年手掛けてきた当社だからこそ、どうUGCに向き合うかを考えてきた」(バンダイナムコエンターテインメント)

次ページどんな展開を見据えるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT