gumi、何を読み間違えたらこうなるのか

上場3カ月足らずで失速した理由は?

3月10日の決算説明会はお詫びから始まった。写真はgumiの國光宏尚(くにみつ ひろなお)社長

「この度の上場後間もない下方修正を行ったことにつきまして、心よりお詫びを申し上げます」――。

2014年12月18日に東証1部上場を果たしたスマートフォンゲーム会社のgumi。上場後初めてとなる3月10日の投資家向け説明会は、國光宏尚社長のお詫びから始まった。

第3期半期決算発表の前日、3月5日に公表した業績下方修正は株式市場を仰天させた。2015年4月期の売上高は、当初予想の309億円から265億円(前期111億円)へ下方修正。営業利益は13億円の計画(同1億円の赤字)だったが、一転4億円の赤字に引き下げたからだ。昨年12月の上場時点で示していた黒字転換のシナリオはもろくも崩れた。

地獄をくぐり抜けた?

これを受けて、3月6日から株価は2営業日連続でストップ安を記録。下方修正前の株価2581円から3月12日時点で1539円となっており、約4割も暴落した。上場当日の終値3165円と比べてもほぼ半値になった。

2014年12月下旬、國光社長は東洋経済のインタビューに対し、「シフトの過程で、過去2期連続して赤字になった。しかし、事業転換に伴う地獄をくぐり抜けて、今は成果がしっかり出てきている。ここで堂々と胸を張って上場し、次なる展開を狙っていく」と語っていた。ところが、3カ月も経たないうちに業績を下方修正し、投資家の期待を大きく裏切ることになった。

次ページ業績悪化に3つの誤算
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。