つまりマリオがスマホ・ワールドへ出稼ぎ?

任天堂とDeNA、業務資本提携の勝算

マリオが"出稼ぎ"に旅立つ(写真:Kevork Djansezian)

3月17日、任天堂の岩田聡社長とディー・エヌ・エー(DeNA)の守安功社長兼CEOが、並んで共同記者会見の場に姿をみせた。両社が明らかにしたのは、資本・業務提携を結び、スマートデバイス(スマートフォン、スマートタブレット)向けに任天堂のゲームキャラクターを起用したアプリを共同開発・運営することだった。

また、任天堂ユーザー向けの新メンバーズサービスを共同開発し、複数のゲーム機、スマートデバイスを横断的に結びつける任天堂ゲームファン向けにサービスも準備するという。中・長期的な事業拡大ビジョンを共有し、継続的な企業価値拡大を狙って資本提携(株式の持ち合い)も同時に実施する。

マリオがスマホの世界に出稼ぎ出張

この提携はひとことで言えば、「任天堂のマリオがスマホの世界に出稼ぎ出張するようなもの」に見える。

1月、任天堂は2015年3月期の営業利益予想を400億円から200億円に下方修正。前年度の232億円の赤字に比べれば大幅な改善だが、急速に円安が進んだ中での営業利益半減は、任天堂が置かれている厳しい立ち位置を顕している。

岩田社長が「射幸心をあおって課金をうながす手法では、顧客との長期的な関係を結ぶことはできない」と発言してきたのは2013年のこと。スマートフォン向けに任天堂の知的財産(IP)を提供する可能性について、この日の会見まで前向きな発言はなかった。

次ページ子どもたちの離脱も始まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。