つまりマリオがスマホ・ワールドへ出稼ぎ?

任天堂とDeNA、業務資本提携の勝算

マリオが"出稼ぎ"に旅立つ(写真:Kevork Djansezian)

3月17日、任天堂の岩田聡社長とディー・エヌ・エー(DeNA)の守安功社長兼CEOが、並んで共同記者会見の場に姿をみせた。両社が明らかにしたのは、資本・業務提携を結び、スマートデバイス(スマートフォン、スマートタブレット)向けに任天堂のゲームキャラクターを起用したアプリを共同開発・運営することだった。

また、任天堂ユーザー向けの新メンバーズサービスを共同開発し、複数のゲーム機、スマートデバイスを横断的に結びつける任天堂ゲームファン向けにサービスも準備するという。中・長期的な事業拡大ビジョンを共有し、継続的な企業価値拡大を狙って資本提携(株式の持ち合い)も同時に実施する。

マリオがスマホの世界に出稼ぎ出張

この提携はひとことで言えば、「任天堂のマリオがスマホの世界に出稼ぎ出張するようなもの」に見える。

1月、任天堂は2015年3月期の営業利益予想を400億円から200億円に下方修正。前年度の232億円の赤字に比べれば大幅な改善だが、急速に円安が進んだ中での営業利益半減は、任天堂が置かれている厳しい立ち位置を顕している。

岩田社長が「射幸心をあおって課金をうながす手法では、顧客との長期的な関係を結ぶことはできない」と発言してきたのは2013年のこと。スマートフォン向けに任天堂の知的財産(IP)を提供する可能性について、この日の会見まで前向きな発言はなかった。

次ページ子どもたちの離脱も始まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。