つまりマリオがスマホ・ワールドへ出稼ぎ?

任天堂とDeNA、業務資本提携の勝算

両社の分業体制についても、ユーザーが実際に手に触れ、感じる部分……すなわち、アプリ開発部分は任天堂主体で行い、サーバ側の開発、運営などはDeNAが担当する。そうした意味では、両社得意分野に分かれてガッチリとタッグを組む体制となっている。

夢は大きいが、リスクも大きい

一方で、この戦略には大きなリスクも想定される。アプリやコンテンツの品質管理は任天堂自身もかかわるだろう。ゲーム自身もスマートデバイス向けアプリと、ゲーム専用機タイトルは、明確に切り分けて設計すると話している。誰もが知る任天堂のキャラクターならば、アップルやグーグルからの推薦を受けて、アプリケーションのストアで強力なプッシュを受けられる可能性が高い。

任天堂IPならば、世界ヒットにつながるだけの耳目を集めることは容易だろう。しかしながら、目論見通りに任天堂の本業である”ゲーム専用機”のプラットフォームへと橋渡しできるかは、今回の発表だけではわからない。

たとえば、任天堂がスマートデバイスでは低い課金率に抑え、ゲーム専用機向けに送客する仕組みを上手につくればつくるほど、アップルやグーグルの目からは”プラットフォームへのタダ乗り”に見えるかもしれない。スマホアプリの流通は、プラットフォームの胸先三寸でルールが変更され、それに対して文句をいうこともできない"怖い世界"だ。

また、数億人クラスのコミュニティに成長させるモバイルアプリとなれば、サーバ側の維持管理コストが問題になる可能性がある。コミュニティ規模が大きくなるほど、アプリへの課金率は明確に下がる傾向にあり、元より射幸心を煽って課金させるビジネスモデルを潔しとしないと公言している任天堂が、どこまで課金パフォーマンスを引き出せるかも未知数だ。

こうしたことを勘案した上で、それでも「ゲーム専用機プラットフォームにはまだ多くの可能性がある」と岩田社長が語る背景には、まったく新しいゲームプラットフォームになると話す”NX”の存在が大きいのではないか。スマートデバイスのソーシャルとゲーム専用機のソーシャルをつなぐ存在として”NX”があるのだとすれば、今回の提携は、より高い成功の可能性が見えてくるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT