バンナム、IP開放で「パックマン」が超進化!?

「ゼビウス」など17タイトルの知的財産を開放

画像を拡大
「パックマン」のゲーム画面

今までキャラクターIPを“箱入り娘”として育ててきたが、「ますます多くの人に愛されるなら」と思い切って発想を転換。4月1日付でバンダイナムコゲームスからバンダイナムコエンターテインメントへ社名が変わることも、大きな後押しとなった。

まずは、スマートフォンゲームアプリをはじめとするデジタルコンテンツを念頭に置いて、オープン化に踏み切る。「過去のナムコ時代のキャラクターを社内でうまく活用できていない」という反省がある中で、国内のクリエイターへ開放することで新たな可能性を探る。

会社側からはデータを提供せず、クリエイターに新たにキャラクターやゲームなどを描き起こしてもらう。あくまでも二次創作にこだわる方針だ。

有料配信する場合は、ライセンス収入ではなく、売上高からの手数料収入を考えているという。ゲームキャラクターたちがさまざまなデザインへ変貌を遂げながら、いずれはゲーム以外の便利アプリやアニメなどへスピンオフするのに期待がかかる。すでに3月31日のリリース後、同社には事業化についての問い合わせが相次いでいるという。

知名度の高い休眠IPに着目

画像を拡大
「ゼビウス」のゲーム画面

バンダイナムコホールディングスは、これまで数多のキャラクタービジネスを手掛けてきたが、意外にもすべての権利を自社で保有するIPは限られる。「太鼓の達人」や「アイドルマスター」といった人気IPでも、音楽やキャラクターは外部クリエイターとの協業であるケースが多く、権利関係が複雑だ。

そこで今回のオープン化では、グループ傘下のバンダイナムコエンターテインメントが自社IPとしてすべての権利を保有し、かつ知名度の高い休眠IPに目をつけた。

どのキャラクターも1980年代にファミリーコンピュータなど遊ばれ、親しまれてきたものばかり。30代のかつてのファンに響きそうだが、人気化すれば若年層への広がりも期待できる。

社内で眠らせてきたIPは再び人気を取り戻し、新たな収益源として貢献するのか。同社にとって初めてのオープン化が軌道に乗れば、同様の取り組みが他社にも広がるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT