任天堂DeNA連合、「大バケ」する道はコレだ

<動画>夏野が語る「もし僕が社長だったら」

果たして任天堂のキャラクターたちは、スマホワールドで活躍できるでしょうか?(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

3月中旬に資本・業務提携を発表した任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)。今後スマートフォン向けゲームアプリの開発などを共同で行っていく。マリオをはじめとする任天堂の強力なIP( Intellectual Property=知的財産)が、ついにスマホやタブレットに解禁されることになる。

夏野剛氏は、当連載の2014年9月掲載記事「任天堂さん、そろそろスマホゲームを!」でも、任天堂がポケモンのiPad向けアプリを出したというニュースに対し、「まだやりようはいろいろあるのではないか。(アプリの世界を)そんなに毛嫌いしないで、今度は世界規模で、新しい形で任天堂のキャラを使ったゲームを、スマホも含めてチャレンジしてほしい」と熱弁してきた。

後発組が勝ち残るための道は

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

今回のニュースを受けても、「もっと早く取り組むべきだったのではないか」と苦言を呈すが、それでも、「大きなニュースだし、すごく期待を持てる取り組みになる」と話す。

しかし、前途洋々と言い切ることはまだ出来ない。アプリゲームの世界では、任天堂はかなりの後発となってしまった。そんな中うまく軌道に乗せるためには、「売り切りのビジネスモデルではなく、会員制のモデルをどう立ち上げるかがキモになる」と夏野氏は指摘する。

具体的にはどのようなビジネスモデルを展開するべきなのか。夏野氏はブロマガ『週刊夏野総研』の中の「僕がもし任天堂の社長だったら」と題した記事で、任天堂の取るべき戦略について、次のように提言している。

次ページハードを選ばない、月額課金制を
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT