VAIOスマホに「もう未来がなくなった」理由

<動画>経営陣が反省すべき2つの「体たらく」

「VAIOスマホにもう未来はない」と断言する夏野剛氏(撮影:梅谷秀司)

3月中旬に発売された「VAIOフォン」。ソニーから独立したVAIOと、MVNO(仮想移動体通信事業者=通信事業者からインフラを借り通信サービスを提供する)の先駆けである日本通信が共同で記者会見を開き、発表したものだ。

満を持して発表されたこの新端末だったが、業界関係者の多くを「ガッカリ」させることになった。製品スペック、デザインとも、これまでのパソコンにおける「VAIOブランド」のイメージとは違った、数あるアンドロイド端末の中でも「中位モデル」という印象のものに過ぎなかったのだ。

とんでもない「体たらく」

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野剛氏は今回の発表を受け、「とんでもない形での発表になってしまった。ハイエンドなVAIOのイメージとはかけ離れた製品だ。あえて言うが、これでVAIOスマホの未来はもうなくなった」と語る。

具体的に何がまずかったのか。夏野氏は、主に2つの点について、「VAIO経営陣のとんでもない『体たらく』だ」と指摘する。

まず1つはやはり、発表された製品の「質の低さ」についてだ。「一応アドバイスだけでも(開発に)協力したのなら、もうちょっと尖った、面白いスマホを出すだろう……というユーザーの期待を、今回120%裏切ってしまった」(夏野氏)。

次ページもう1つの「体たらく」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT