脱キティ依存?サンリオ"萌え系戦略"の勝算

「SHOW BY ROCK!!」でファン層は広がるか

3月21日のオープン当日、新宿マルイアネックスの6階にある「SHOW BY ROCK!!」の期間限定ショップは大勢の客で賑わっていた

3月21日、新宿マルイアネックスのイベントフロアには、11時のオープン前から20人以上が列をなしていた。オープン後も列が途切れることはなく、入場制限が1時間も続く盛況ぶりだった。

客層は中学生の男女から、女子高生、大学生カップル、40代の主婦とさまざま。「今日は大好きなクロウの日だったからうれしい」。等身大のキャラクターパネルの前で写真撮影をしながら、ファンの女子高生は興奮気味に語ってくれた。

この店舗は「SHOW BY ROCK!!」というアプリゲームをテーマにした期間限定ショップ。4月9日まで、先行販売のアクリルキーホルダーやタオルをはじめとしたキャラクターグッズを取り扱っている。

アニメ好きを中心にファンが増加中

SHOW BY ROCK!!は、オリジナルの楽曲を中心とした音楽ゲーム(音楽に合わせてタッチするゲーム、音ゲー)。80を超える美少女やイケメンキャラクターが登場し、アニメ好きを中心にファンをジワジワ増やしている。2013年にiOS向けにスタートしてから、ダウンロード数はこの3月で90万を突破した。

秋葉原でよく見かけそうなこのキャラクター。手掛けているのが、ファンシーキャラの王様「ハローキティ」を擁するサンリオというから驚きだ。同社は世界的な人気を誇るキティをはじめ、「マイメロディ」や「リトルツインスターズ(キキララ)」など、人気キャラクターを数多く持つ。自社で展開するキャラクターグッズのほか、アパレル各社や企業のイメージキャラクターとしても広く使われている。

次ページサンリオが抱えていた課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。