サムスン、好発進した後継体制の舞台裏

長男・李在鎔副会長体制の成果と課題

サムスングループの後継者たち。手前が李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

「ギャラクシーS6はオール・ニュー・ギャラクシー(All New Galaxy)のために初心に戻り、ゼロベースから始めたスマートフォンです」

スペイン・バルセロナで開催されたモバイルワールドコングレス(MWC)の2日目となる3月1日、サムスン電子は新製品であるギャラクシーS6、同S6エッジを披露した。6000人のIT担当記者などメディア関係者の視線が、同社ITモバイル(IM)部門の申宗均(シン・ジョンギュン)社長に降り注いだ。プレゼンテーションを行う彼の声は、かすかに震えていた。プレッシャーと不安がありありとわかった。

しかし翌日、記者懇談会に出てきたシン社長は、一種の余裕を感じさせる表情を見せた。「歴代最高のスマートフォン」と高く評価されたためだ。米ウオールストリートジャーナル紙(WSJ)は「ギャラクシーS6のハードウェアを見れば、サムスン電子を信頼できる。ソフトウェアからは同社の努力を見た。ギャラクシーS6は世界を感動させるサムスン電子のチャレンジ」とまで述べた。

背水の陣だった「ギャラクシーS6」

「空を飛んでいるような気分だった」。MWCから帰国したサムスンの役員は、誰もが安堵し、また喜びの声を上げた。そうだろう。2012~13年、サムスン電子は最高の2年間を過ごした。韓国企業では初の売上高200兆ウォンに達し、2013年第3四半期には四半期決算では初めて、営業利益を10兆ウォン台に乗せた。韓国企業史に長く残る業績だった。

しかし、それは長く続かなかった。昨年3月に投入したギャラクシーS5が惨敗。何をやってもうまくいかなかった。プレミアムモデルではアップルに押され、中・低価格帯のモデルではシャオミ(小米)、ファーウェイ(華威)など中国メーカーの追撃を許してしまった。

2014年第4四半期には、シェアトップの座を4年ぶりに明け渡した。アップルのシェアは20.4%、サムスン電子は19.9%。2013年第4四半期には29.5%でサムスン電子が圧倒的にトップだったにも関わらず、だ。

業績も落ち込んだ。第3四半期の売上高は12年第2四半期以降50兆ウォンを下回り、営業利益もまた4兆ウォン台に転落。わずか1年で営業利益の60%が吹き飛んだ。半導体と家電は堅調である分、すべての批判はIM部門に集中した。

そのような崖っぷちの状況で、背水の陣で製造したギャラクシーS6が高い評価を受けたわけだ。サムスン関係者は、「渾身の力を振り絞ってつくったので自信はあったが、昨年秋に登場したiPhone6の人気がとても負担だった」と打ち明ける。

次ページ危機から脱して安堵した人物は…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT