正月休みだからこそ、働いている人がいる

人が休んでいる時こそ仕事がいっぱい

さあ、新しい年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いします。もっといいプロジェクトに入って働きたいなあ……。いろんな新年の願い事を携えて、お参りにやってきただんなくんとぼへちゃん。

お賽銭をいれて、願い事を言っているようですよ。「異動させてください。異動。異動。」どうやら、今の課長のところはもう嫌なようですね。

あれ、だんなくんが顔をあげると、なんだか会社で知った面々がそろっています。みんなそろってお参り?

「プロジェクトが早く終わりますように」「とりあえず休みくらい欲しいです」「たまには定時に帰りたい」。

なんだか、みんな切実な願い事をしているようです。

みんなおそろいでお参りをするとはずいぶんと仲良し・・・と思いきや、お参りが終わったとたんに「さあ会社戻るぞ!」と言っています。正月まで勤務のようです。

かく言うぼへちゃんも、その昔、お正月の三が日は、会議室のソファで寝たこともあります。銀行のシステムなどが止められるのって、実質30日から3日までだったりしますもんね。誰かが今日も頑張ってインフラが動いているんですね。正月のお仕事が終わったら・・・・ゆっくりお休みを取りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。