正月休みだからこそ、働いている人がいる

人が休んでいる時こそ仕事がいっぱい

さあ、新しい年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いします。もっといいプロジェクトに入って働きたいなあ……。いろんな新年の願い事を携えて、お参りにやってきただんなくんとぼへちゃん。

お賽銭をいれて、願い事を言っているようですよ。「異動させてください。異動。異動。」どうやら、今の課長のところはもう嫌なようですね。

あれ、だんなくんが顔をあげると、なんだか会社で知った面々がそろっています。みんなそろってお参り?

「プロジェクトが早く終わりますように」「とりあえず休みくらい欲しいです」「たまには定時に帰りたい」。

なんだか、みんな切実な願い事をしているようです。

みんなおそろいでお参りをするとはずいぶんと仲良し・・・と思いきや、お参りが終わったとたんに「さあ会社戻るぞ!」と言っています。正月まで勤務のようです。

かく言うぼへちゃんも、その昔、お正月の三が日は、会議室のソファで寝たこともあります。銀行のシステムなどが止められるのって、実質30日から3日までだったりしますもんね。誰かが今日も頑張ってインフラが動いているんですね。正月のお仕事が終わったら・・・・ゆっくりお休みを取りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT