正月休みだからこそ、働いている人がいる

人が休んでいる時こそ仕事がいっぱい

さあ、新しい年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願いします。もっといいプロジェクトに入って働きたいなあ……。いろんな新年の願い事を携えて、お参りにやってきただんなくんとぼへちゃん。

お賽銭をいれて、願い事を言っているようですよ。「異動させてください。異動。異動。」どうやら、今の課長のところはもう嫌なようですね。

あれ、だんなくんが顔をあげると、なんだか会社で知った面々がそろっています。みんなそろってお参り?

「プロジェクトが早く終わりますように」「とりあえず休みくらい欲しいです」「たまには定時に帰りたい」。

なんだか、みんな切実な願い事をしているようです。

みんなおそろいでお参りをするとはずいぶんと仲良し・・・と思いきや、お参りが終わったとたんに「さあ会社戻るぞ!」と言っています。正月まで勤務のようです。

かく言うぼへちゃんも、その昔、お正月の三が日は、会議室のソファで寝たこともあります。銀行のシステムなどが止められるのって、実質30日から3日までだったりしますもんね。誰かが今日も頑張ってインフラが動いているんですね。正月のお仕事が終わったら・・・・ゆっくりお休みを取りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT