エンジニアはめげると転職サイトを見つめる

このプロジェクト、もうやってられない

さて、この前課長と工数でバトルしたぼへちゃん。もう、こんなプロジェクトばっかり任されて、いい加減にしろー!と唸っているようです。

転職しようかな、という思いが頭をよぎります。

しかし、ぼへちゃんは、なんだかんだで、40歳をすぎています。転職できるのかな?でも応募してみるくらいはタダ。

そして、何通か応募してみたようです。あら、ぼへちゃんは相当参っているんですかね。

さて、返信の中身はというと……。

「慎重に選考いたしました結果、誠に残念ながら、今回は不採用と……」

「応募者が多数殺到いたしました結果、誠に残念ながら、今回はお見送り……」

そして、必ず文末には「貴殿のご活躍を心よりお祈り申し上げます」という一言。

これが就活で噂のお祈りメールなんですね。確かに、こんなお祈りメールが次々に来るとダメージは大きそうです。ぼへちゃんもダメージが倍増したようです。

とりあえず、目の前のプロジェクト、がんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。