エンジニアはめげると転職サイトを見つめる

このプロジェクト、もうやってられない

さて、この前課長と工数でバトルしたぼへちゃん。もう、こんなプロジェクトばっかり任されて、いい加減にしろー!と唸っているようです。

転職しようかな、という思いが頭をよぎります。

しかし、ぼへちゃんは、なんだかんだで、40歳をすぎています。転職できるのかな?でも応募してみるくらいはタダ。

そして、何通か応募してみたようです。あら、ぼへちゃんは相当参っているんですかね。

さて、返信の中身はというと……。

「慎重に選考いたしました結果、誠に残念ながら、今回は不採用と……」

「応募者が多数殺到いたしました結果、誠に残念ながら、今回はお見送り……」

そして、必ず文末には「貴殿のご活躍を心よりお祈り申し上げます」という一言。

これが就活で噂のお祈りメールなんですね。確かに、こんなお祈りメールが次々に来るとダメージは大きそうです。ぼへちゃんもダメージが倍増したようです。

とりあえず、目の前のプロジェクト、がんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。