エンジニアはめげると転職サイトを見つめる

このプロジェクト、もうやってられない

さて、この前課長と工数でバトルしたぼへちゃん。もう、こんなプロジェクトばっかり任されて、いい加減にしろー!と唸っているようです。

転職しようかな、という思いが頭をよぎります。

しかし、ぼへちゃんは、なんだかんだで、40歳をすぎています。転職できるのかな?でも応募してみるくらいはタダ。

そして、何通か応募してみたようです。あら、ぼへちゃんは相当参っているんですかね。

さて、返信の中身はというと……。

「慎重に選考いたしました結果、誠に残念ながら、今回は不採用と……」

「応募者が多数殺到いたしました結果、誠に残念ながら、今回はお見送り……」

そして、必ず文末には「貴殿のご活躍を心よりお祈り申し上げます」という一言。

これが就活で噂のお祈りメールなんですね。確かに、こんなお祈りメールが次々に来るとダメージは大きそうです。ぼへちゃんもダメージが倍増したようです。

とりあえず、目の前のプロジェクト、がんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。