30歳、「転職か妊娠か」で迷い悩んでいます

転職直後に妊娠・出産しても大丈夫?

(写真:miya227 / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

今回は、「妊娠かキャリアか」でいちばん悩みがちなお年頃?30歳の女性の方よりお悩み相談をいただきました。

【ご相談】
現在30歳、結婚5年目です。新卒で入った人材派遣会社で9年目となり、社内では中堅となります。
子供がそろそろほしいなと思い、不妊治療を今月より始めました。2人とも検査をしたところ、私に改善すべき点があるようで、少しずつ治療が必要そうです。
今の会社は産休育休の制度が万全というわけではないですが、最近私の上司(女性)が育休に入っているため、取れなくはない環境です。先輩のママさんから「仕事を正社員で続けたほうがいい」「保育園のことを考えても絶対正社員」「育休のお金は大きい」という話を聞いて、今のままでほどよく働いて、産休育休を取得して、時短しながら勤務……という想像をしていました。
ただ、一方で、「この会社だとこれ以上成長できないのでは」という気持ちが大きくなってきてしまいました。端的に言うと、「一緒に働くメンバーのレベルが低い」「業務の幅が広がらない」という点です。
社員はいい人が多く、人間関係には恵まれているのですが、尊敬できる方や目指したいという方が正直いません。メンバーも時間にルーズだったり、数字の意識が低く、切磋琢磨できる関係とは言い難い状況です。
また、現在派遣会社でコーディネーターをやっており、登録スタッフさんへの仕事紹介などはとてもやりがいのある仕事なのですが、「派遣」という雇用形態だけを扱うことに限界を感じています。派遣法の改正で業界が変わることも考えられますし、もっと正社員雇用なども考えている方への支援もしたいと思うようになりました。
もともと「独立できたらいいな」という希望はもっていたのですが、昨年スキルアップのためにCDA(キャリアカウンセラー)の資格を取得し、いろんな人の話を聞く中で、独立してフリーでキャリアカウンセラーとして仕事をしてみたい、という気持ちも大きくなりました。
将来的に独立をするのであれば、別の会社で経験を積んだほうがいいと思っています。ただ一方で、妊娠を希望しているのに、チャレンジしていいのだろうか……と不安があります。
新しいところに行ってすぐに産休、というのも言いづらいです。今の環境よりも別の会社を経験するということを重視して、週3くらいでアルバイトや派遣、という道も考えています。
が、そうするといつまでかかるかわからない不妊治療のお金が続くかどうか……。もちろん必ず授かるともいいきれません。先日マンションを購入したばかりです。旦那の収入だけでできなくはないですが、治療費はまかなえません。
子供なのか、自分のキャリアなのか……とても悩んでいます。アドバイスを頂けたら幸いです。
 

 

次ページ姐さんの回答は…?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT