転職より有望?「顧問」という新しいキャリア

転職の年齢制限に引っかかる人への処方箋

転職を考えている40代男性はどうすべき?(写真:Tommy / PIXTA)

転職市場では35歳限界説というものがあります。男性・女性問わず転職に成功している人の大半が35歳以下という実態からきているのでしょう。

確かに2010年くらいまで、転職成功者で35歳以上は10%程度。中心となる転職成功者は20代後半~30歳以下でした。ゆえに転職するなら適齢期のうちにするべき……と言われてきたのです。

転職者の平均年齢は31歳に上昇

ただ、状況は徐々に変わってきたようです。転職者の平均年齢が5年間で約2.5歳上がり31歳にまで上昇。経験豊富な即戦力として重宝されるようになってきたようです(転職サイトDODA調べ)。

これまで30代の採用を阻んでいた「能力以上の高い給料」という問題も、年功序列型給与体系の崩壊によって解消されつつあることが後押ししているようです。

さらに、能力主義の広がりによって「年下の上司」が受け入れられつつあることも影響しています。20代の若手管理職が活躍している職場で30代の専門性の高い人材を採用。年上の部下として配属する会社が当たり前のように増えました。もはや、35歳転職限界説は過去のものにも思えます。

では、40歳でも50歳でも転職は可能な時代になったかといえば、そうでもありません

次ページ「年齢不問」の募集はウソ?!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。