炎上現場のアドベントカレンダーに秘密あり

クリスマスが待ち遠しい季節になりました

さて、クリスマスが待ち遠しい季節になりましたね。クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダー「アドベントカレンダー」を置いているご家庭も多いのではないでしょうか。

最近はいろんな種類のアドベントカレンダーが出ているかと思いますが、技術者のアドベントカレンダーと言えば、それぞれの技術のテーマを掲げて、ブログやサービスの記事を投稿する形式のカレンダーというのが最近は人気です。

あれ? ぼへちゃんの会社にもアドベントカレンダーがあるようです。

同僚でこの連載に何度か登場しているベテランエンジニアのくのりんが通りがかり、今日の日付の箱をあけてみました。

あれ、中身は紙切れがはいっているだけのようです。紙には「決済機能 仕様書B-1参照」と書かれています。

そうすると、ぼへちゃんと炎上中のプロジェクトメンバーが駆け寄ってきて、「くのりん協力ありがとう!」と大喜びです。決済機能の実装担当お願いします!

このアドベントカレンダーは、プロジェクトのタスクが入っているカレンダーのようです。まさか、くのりんを巻き込むための罠だったんでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。