炎上現場のアドベントカレンダーに秘密あり

クリスマスが待ち遠しい季節になりました

さて、クリスマスが待ち遠しい季節になりましたね。クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダー「アドベントカレンダー」を置いているご家庭も多いのではないでしょうか。

最近はいろんな種類のアドベントカレンダーが出ているかと思いますが、技術者のアドベントカレンダーと言えば、それぞれの技術のテーマを掲げて、ブログやサービスの記事を投稿する形式のカレンダーというのが最近は人気です。

あれ? ぼへちゃんの会社にもアドベントカレンダーがあるようです。

同僚でこの連載に何度か登場しているベテランエンジニアのくのりんが通りがかり、今日の日付の箱をあけてみました。

あれ、中身は紙切れがはいっているだけのようです。紙には「決済機能 仕様書B-1参照」と書かれています。

そうすると、ぼへちゃんと炎上中のプロジェクトメンバーが駆け寄ってきて、「くのりん協力ありがとう!」と大喜びです。決済機能の実装担当お願いします!

このアドベントカレンダーは、プロジェクトのタスクが入っているカレンダーのようです。まさか、くのりんを巻き込むための罠だったんでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。