炎上現場のアドベントカレンダーに秘密あり

クリスマスが待ち遠しい季節になりました

さて、クリスマスが待ち遠しい季節になりましたね。クリスマスまでの日数を数えるために使用されるカレンダー「アドベントカレンダー」を置いているご家庭も多いのではないでしょうか。

最近はいろんな種類のアドベントカレンダーが出ているかと思いますが、技術者のアドベントカレンダーと言えば、それぞれの技術のテーマを掲げて、ブログやサービスの記事を投稿する形式のカレンダーというのが最近は人気です。

あれ? ぼへちゃんの会社にもアドベントカレンダーがあるようです。

同僚でこの連載に何度か登場しているベテランエンジニアのくのりんが通りがかり、今日の日付の箱をあけてみました。

あれ、中身は紙切れがはいっているだけのようです。紙には「決済機能 仕様書B-1参照」と書かれています。

そうすると、ぼへちゃんと炎上中のプロジェクトメンバーが駆け寄ってきて、「くのりん協力ありがとう!」と大喜びです。決済機能の実装担当お願いします!

このアドベントカレンダーは、プロジェクトのタスクが入っているカレンダーのようです。まさか、くのりんを巻き込むための罠だったんでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT