エンジニアの人手不足、いつまで続くのか

品質よりもコスト優先では困ります!

朝から、ぼへちゃん東洋経済オンラインのサイトの記事をしみじみ読んでいます。

傾きマンション事件が起こるのは必然だった

「人手不足」「品質よりコスト優先」「納期短い」などなど……。なんか、今やっているプロジェクトもそんな感じだったりします。どこの業界も同じなんですね、なんてしみじみ。

横からはプロジェクトメンバーの会話が聞こえてきます。「この処理、通らないんでとりあえずフラグ立てていいですか」「うーん。もうほかに手段ないし調べている時間もないしなあ」

これは問題です。「とりあえずやった処理」って、あとから見ると、絶対に大きな問題になりますよ。

「データを変更すれば、なんとかなりそうですね」「まあ、そうだね」……およよ、根本原因がわからないのに、データを変更してしのいじゃうなんて。これ、かなり問題じゃないの?

と、ぼへちゃん、心の中で思いつつも、「うーん、なんかこれが傾きマンションが生まれていく過程なんだなあ」とシミジミ。「オイコラ! しみじみしている暇ないぞ!保守で苦労するから、今からなんとかしないと!」って怒られています。そうです。後で苦労しないためにも、インチキなことをしてはダメです。頑張りましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。