やたらと「兼務」、今どき会社員たちの苦悩

人事は断れない、さあどうする?

「兼務」を命じられたら、仕事はどんな状態になるのでしょうか(イラスト : jesadaphorn / PIXTA)

芸能の舞台では、早替えで何役もこなす役者に、観客たちがあっと驚くシーンに遭遇することがあります。

歌舞伎であれば「変化物」と呼ばれて、役者が次々と異なる役柄に扮して踊る演目のこと。舞踊曲「八重九重花姿絵」では「五郎」「若衆」「稽古娘」「勇み」……と9つの役を1人の演者が次々と変わって踊ります。「同じ役者が演じているとは思えないくらいに違っている」と思わせるのが妙。こうした演じ分けができることが役者としての高い評価につながります。

兼務を命じられるのは、仕事ができる証し?

この連載の過去記事はこちら

では、会社の仕事でも同じでしょうか? 近年、人手不足の影響か、複数の役割をこなす「兼務」を発令される職場が増えています。たとえば、本社で営業企画に所属していた社員が

≪4月から営業企画部兼務とする≫

と別の部署の仕事で任用されるようなケースです。

大抵の会社では主務と兼務に分けて発令され、兼務の仕事は人手不足の組織を暫定的に「お手伝い」する意図であったりします。たとえば、営業部門が業績好調で人員を増強。グループ数を増やしたもののグループマネージャー(GM)の数が足りない。そこで、

「新しくGMの昇進があるまで、誰かが兼務して対応しておこう」

というイメージ。専任の人材がきちんと配置できる状態になれば、兼務は解かれることになります。

それくらいであれば、兼務で任用された人も「暫定的な人事だから引き受けよう」と許容できる人が大半かもしれません。ただ、兼務が何年も続いたら、あるいは兼務が幾つも増えたらどうしますか? さらに言えば、兼務することで処遇や給与の矛盾を感じたらどうしますか?

組織図上では兼務には*印がつく場合が大半。この*印がつく人は兼務ができるくらいに仕事ができるとの評価を示すものとも言えます。ゆえに兼務の*印が複数あることを自慢する人もいます。

「今回は3つも部署を兼務することになって、忙しくなりそうだ」

と忙しい自分アピールする人も。こういう人は、おそらく兼務の数をいくらでも増やしたいくらいかもしれません。

次ページ製造業、Sさんの苦悩
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT