公私混同を推奨!「ほぼ日」流のすごい働き方

突撃!「糸井事務所」のワーク・ルールズ:前編

木材を多用した温かみのある内装の糸井事務所のオフィス。低いパーティションも、スタッフ間のコミュニケーションのしやすさに配慮されている(撮影:今井康一)
世界20言語・地域で発売され、日本でも話題作となっている『ワーク・ルールズ!』。グーグル社の人事トップ(上級副社長)であるラズロ・ボック氏が同社の人事労務制度や採用基準、働き方に関する文化、メンタリティに至るまで余すところなく著し、今年のベストセラーになっています。
同書の刊行をきっかけに、ユニークな会社の「ルール」や「働き方」を持っている日本企業に突撃して、お話を伺うことにしました。第2回目は、東京糸井重里事務所。お話を伺ったのはCFOの篠田真貴子さん、人事を担当している趙啓子さん、コンテンツを担当している永田泰大さん、商品開発の松本絢子さん。「ほぼ日刊イトイ新聞」(「ほぼ日」)のコンテンツや商品はどのように生まれているのか。制度や組織の側面から語ってもらいました。

みんなが何をしているかを知っている

全世界で話題沸騰!?Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開!

――「東京糸井重里事務所」独特のワーク・ルールズみたいなものは、あるのでしょうか。

松本:いろんなことがとがめられないことでしょうか。極端なところでは、昼寝とかも。ルールという決まったものはありませんが、事実上そうなっているってことはたくさんあります。

篠田:たとえば、勤務時間内に映画を見たり、展覧会に行ったり、街をブラブラしても構わない、と考えています。制度としては裁量労働制ですが、その根本の考え方として公私混同を推奨していますね。コソコソ行く必要はありません。

――「行ってきまーす」みたいなことを誰かに言うのですか?

篠田:当社では従業員のことを「乗組員」と言っているのですが、全乗組員宛てのメールアドレスに、自分がどこで何をする予定かを送って共有します。公私混同ということで自由に行動できる一方で、私たちが負う最低限の責任は、ウソや隠しごなく行動を共有することだと考えています。

次ページ驚きの情報共有の仕方とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT