やたらと「兼務」、今どき会社員たちの苦悩

人事は断れない、さあどうする?

ちなみにこの会社は中途採用をしないので、欠員となったポストを埋めるのは社内の誰かでしかありえません。最低でも3年は兼務が続きそうな気配に、Sさんの不安は募るばかりです。

兼務というとき、会社をまたいで兼務になるケースもあります。たとえば、本社で課長をしながら、グループの子会社では部長を兼務するといった場合などです。

「便宜上の兼務」と聞かされたのに…

親会社と子会社の仕事を兼務するTさんは、まさにそれを経験しています。当初は「子会社の監督をするため便宜上の兼務でしかない」と聞かされたのに、経営会議への参加や部下の人事評価もすることになったり。想像したより負担は相当なものになることも少なくありません。

子会社とはいえ、従業員が相当数いて、その組織の長となれば、責任もそれなりのものになります。しかも、子会社の部長と飲みにいって、何気なく聞いた年収にびっくり。なんと自分よりも高いのです。

「私より200万近くも多く給与をもらっていることがわかりました。本社から兼務で派遣された部長なので風当たりもきつく、仕事量もそれなりにあって、それなのに安い給料とわかって気が滅入ってきました」

Tさんはそう嘆きます。ただ、だからと兼務への不満を、上司や人事部に言うつもりはないようです。ここでの仕事ぶりが評価されて、本社の部長になることを期待しているからです。

Tさんのような理由で、つらい兼務に耐えている人は少なくないかもしれません。でも、不満がはっきりと出てこないからと、兼務を自由自在に発令していいのでしょうか?

原則として、従業員は会社の人事を断ることはできませんが、兼任によりどうしても物理的・時間的・経済的に無理な面が出てきたら、

まずは「拒否」ではなく事情を説明して「陳情」するべきかもしれません。陳情とは実情や心情を述べることであり、文句ではありません。そうした姿勢であれば、角を立てずに話し合いができるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT