「批評家」には退屈な仕事しか回ってこない!

累計6000万部を売った編集者の「仕事論」

仕事がつまらないのは、その考え方のせいかもしれません(写真:Graphs / PIXTA)

「つまらない仕事をなくす心得」5箇条

はじめまして。僕は、株式会社KADOKAWAの小説レーベル『電撃文庫』で編集長をしています。

今まで『とある魔術の禁書目録』(累計1580万部)、『ソードアート・オンライン』(累計1130万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)、『アクセル・ワールド』(累計435万部、以上全て電撃文庫)などを立ち上げ、担当してきました。今年で編集職は15年目を迎え、担当作は約500冊、累計発行部数は6000万部を超えています。

僕はもともと、小説をほとんど読んだことがありませんでした。新卒で今の会社に入ったときは、大学では理系を専攻していたせいで、「編集」という仕事がどんなものかまったく知りませんでした。基礎知識も専門的な才能もない、ただの「落ちこぼれ社員」だったのです。そんな僕が、ここまでの結果を出せたのには理由があります。

「ほんのすこし、考え方を他の人と変えること」、です。

僕が働き始めて気づいたのは、世の中には「仕事はつまらないものである」「そんなつまらない仕事はやりたくない」と考える人がとても多いという事実です。

そもそも仕事をつまらなくしている原因はなんでしょうか? 僕は、そう感じさせてしまう「自分自身の考え方」だと思っています。

次ページ「つまらない仕事をなくす心得」5箇条、1つ目とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。