「批評家」には退屈な仕事しか回ってこない!

累計6000万部を売った編集者の「仕事論」

仕事がつまらないのは、その考え方のせいかもしれません(写真:Graphs / PIXTA)

「つまらない仕事をなくす心得」5箇条

はじめまして。僕は、株式会社KADOKAWAの小説レーベル『電撃文庫』で編集長をしています。

今まで『とある魔術の禁書目録』(累計1580万部)、『ソードアート・オンライン』(累計1130万部)、『灼眼のシャナ』(累計860万部)、『魔法科高校の劣等生』(累計675万部)、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(累計500万部)、『アクセル・ワールド』(累計435万部、以上全て電撃文庫)などを立ち上げ、担当してきました。今年で編集職は15年目を迎え、担当作は約500冊、累計発行部数は6000万部を超えています。

僕はもともと、小説をほとんど読んだことがありませんでした。新卒で今の会社に入ったときは、大学では理系を専攻していたせいで、「編集」という仕事がどんなものかまったく知りませんでした。基礎知識も専門的な才能もない、ただの「落ちこぼれ社員」だったのです。そんな僕が、ここまでの結果を出せたのには理由があります。

「ほんのすこし、考え方を他の人と変えること」、です。

僕が働き始めて気づいたのは、世の中には「仕事はつまらないものである」「そんなつまらない仕事はやりたくない」と考える人がとても多いという事実です。

そもそも仕事をつまらなくしている原因はなんでしょうか? 僕は、そう感じさせてしまう「自分自身の考え方」だと思っています。

次ページ「つまらない仕事をなくす心得」5箇条、1つ目とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。