本物の経営者は「嫌われる」ことを受け入れる

ハイアール伊藤社長は、部下と食事をしない

経営者には、オフィスで「孤独」に耐えるべきときもある(写真:dotshock / PIXTA)
日本コカ・コーラ、デル、アディダス ジャパン、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ハイアール アジア……。数年ごとにあえて未経験の業界に飛び込み、業界の常識を覆す発想と戦略で、さまざまな記録的な結果を残してきた伊藤嘉明氏。“進化形異端の経営者”が、自らの仕事の流儀を新刊『どんな業界でも記録的な成果を出す仕事術』にまとめた。その伊藤氏が、仕事の流儀やキャリア観を語る。

 

「家電業界の素人」が、なぜ従業員6000人を超える巨大家電メーカーのトップに招聘されたのか。「よそ者だから業界のプロに勝てる」と断言する著者の仕事術&キャリア論をまとめた1冊。

ビジネスパーソンが出世をして、ビジネスリーダーや経営者を目指すなら、自分で仕事の成果を出すだけでなく、周囲を巻き込み、人を動かして成果を出す力――つまり、リーダーシップを身に付ける必要がある。

さて、リーダーシップにもさまざまなスタイルはあるが、こんな話を聞いたことはないだろうか。

「私は性格的に、強気で引っ張って行くタイプだ。学生時代の部活でもそうだった」

「強権を発動するようなことは嫌だから、私は周囲の意見をまとめていくタイプだな」

このような考えは、はっきり言って幻想である。なぜなら、リーダーシップのスタイルは、その人の性格や好みで変わるようなものではないからだ。

リーダーシップのスタイルと性格や好みは無関係

実は私も、このような幻想を持っていたことがある。30代半ばまでは「みんな、俺についてこい!」という感じの、兄貴分的なリーダーシップのスタイルを踏襲していた。このノリに部下たちも応えてくれて、私の部署は記録的な成果をたたき出した。日本コカ・コーラでは最年少部長に抜擢され、デルでは8期連続赤字だった部門を7期連続予算達成の常勝軍団にしてみせた。

次ページリーダーシップの本質とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT