スター・ウォーズ「R2-D2」型冷蔵庫を作った男

「自分が欲しい商品」を作って成功する条件

R2-D2型冷蔵庫を紹介する伊藤社長
日本コカ・コーラ、デル、アディダス ジャパン、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ハイアール アジア……。数年ごとにあえて未経験の業界に飛び込み、業界の常識を覆す発想と戦略で、さまざまな記録的な結果を残してきた伊藤嘉明氏。“進化形異端の経営者”が自ら仕事の流儀を新刊『どんな業界でも記録的な成果を出す仕事術』にまとめた。その伊藤氏が、仕事の流儀やキャリア観を語る。

 

2015年6月2日に東京・恵比寿で行われた「ハイアール アジア戦略発表会 イノベーショントリップ」で私は、「AQUA」ブランドの数々の新商品を発表した。世界初の「洗濯中の洗濯槽の中を見て楽しめる」スケルトン型洗濯機「CLEAR」や、Androidと32インチのフルHD液晶パネルを搭載し、IoT時代に対応する冷蔵庫「DIGI」など、どれも従来の家電業界の常識を打ち破るような斬新なものばかりだ。

中でも、いちばん注目が高かったのがR2-D2型自走式冷蔵庫だ。R2-D2とは、皆さんご存じ『スター・ウォーズ』に登場するロボットの名前だ。

サイズは映画の設定と同じで、ルーカス・フィルムと綿密なやり取りを繰り返し、ディテールまでこだわって作り込んだ。頭部を左右に動かす愛らしい姿や、独特の声(機械音)は、まさに本物そっくりだ。胸部を開くと冷蔵庫になっており、500ミリリットルペットボトルや350ミリリットル缶を保冷できるようになっている。ラジコン操作で遠くから呼び寄せることができる。世界初の「呼べばやって来る」冷蔵庫だ。

「メード・イン・ジャパン」の技術力で製造、商品化 

「家電業界の素人」が、なぜ従業員6000人を超える巨大家電メーカーのトップに招聘されたのか。「よそ者だから業界のプロに勝てる」と断言する著者の仕事術&キャリア論をまとめた1冊

ハイアール アジアは、旧三洋電機の白モノ家電事業部を母体とする企業であり、6500人を超える従業員の多くは、旧三洋電機の社員である。つまり、われわれの技術は「メード・イン・ジャパン」なのだ。日本の技術力をもってすれば、こうした冷蔵庫を作ることは、それほど難しいことではない。

R2-D2型冷蔵庫は、NHKをはじめとする各メディアで取り上げられ、SNSでも数多くつぶやかれたが、これだけ話題になった理由は、R2-D2型冷蔵庫を「作った」からではなく「実際に商品として販売する」からであろう。現在、2016年の発売を目指し、準備中である。単なる技術的なアピールや演出ではなく、こうした「ワクワク」する家電を商品として販売する大手家電メーカーは、日本では少なくなってきている。

次ページ「自分が欲しい」から商品を作る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT