カリスマ「ビール売り子」だけが知る必勝法

なぜ、あの子はいつもバカ売れなのか

「ビール売り子」はひとつの場所にとどまることなく、常にお客を探して球場内を縦横無尽に動き回る(写真:アフロスポーツ)

7月17~18日にわたって開かれているプロ野球・オールスター戦。セ・リーグはDeNAが、パ・リーグはソフトバンクが、それぞれ首位で前半戦を折り返した。梅雨が明ければ、野球観戦にはピッタリのシーズンとなる。

選手たちとともに、スタジアムで奮闘するビールの売り子さんたちの仕事もいよいよ最盛期を迎える。東洋経済オンラインは「時給8000円を稼ぐ『ビール売り子』の超仕事術」「カリスマ『ビール売り子』と新人の決定的な差」「一流の『ビール売り子』が体現する商売の鉄則」など、彼女たちの仕事ぶりにスポットを当てた記事を配信し、大きな反響を得てきた。

一般的なビジネスにも通じるそのノウハウや流儀には、学ぶべきところも少なくない。そこでわれわれビール売り子取材班は、今回、彼女たちが働く現場の裏側を覗いてみた。売り子のビールタンクを交換し、指導やフォローを行っている通称「チェッカー」。売り子たちの仕事を裏側で支える裏方からの目線で、「売れる」売り子の実像を探ってみた。

ビール売り子を支えるチェッカーさんに聞いてみた

話を聞いたのは横浜スタジアムで、サッポロビールの販売を担当する平楽商事の伊藤良美さん。この道7年目で現場のリーダーだ。チェッカーの主な仕事は、「基地」と呼ばれる場所で、ビール樽の交換、ビールカップやおつまみ・お釣りの用意、各種洗浄・清掃などだが、新人に指導・教育・現場指導も行っている。

教えるのは基礎的な知識から、ビールの注ぎ方、お客様に邪魔にならない販売方法などの実技など。新人の場合は、売り子が球場に出て行ってからも、通路の影などから様子を見て、団体客の動向やその新人が回れていないエリアのアドバイスなど、実践指導をしているそうだ。

平楽商事の伊藤良実さん(36)

「新人のころは1試合100杯以下の売り上げからスタートします。それが、1カ月後に200杯ぐらいまで伸びる子と、残念ながら100杯前後のままでとどまる子がいますね」

なんとたったの1カ月で、倍の違いが出るのだそうだ。横浜スタジアムの生ビール価格は700円(税込み)なので100杯だと売り上げは7万円。1カ月といっても、1つの球場で働いている場合は、せいぜい10試合ぐらいだ。つまり試合時間が平均3時間として30時間も仕事をすれば、1日当たりの売り上げが7万円も違ってくる。

次ページトップクラスは3時間前後で売り上げ20万円以上
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT