超一流のビール売り子は「戦略の基本」が違う

おのののかさんが語る「楽しむこと」の大切さ

おの ののか ● 1991年、東京都生まれ。タレントとしてデビューした当初、アルバイトとして東京ドームでビールの売り子を経験。「美人すぎるビール売り子」と話題に。1日で生ビール販売数400杯を記録、その後、年間で1万杯以上を売上げ、サントリーホールディングスから表彰される
東洋経済オンラインでは5~6月、ビール売り子に関する記事を3本掲載した(時給8000円を稼ぐ「ビール売り子」の超仕事術一流の「ビール売り子」が体現する商売の鉄則カリスマ「ビール売り子」と新人の決定的な差)。いずれも営業の基本を学ぶことができるケーススタディとして、大反響を呼んだ。
そこで、「東京ドームのNo.1ビール売り子」としてトップセールスを誇っていたタレントのおのののかさんのメッセージをお届けしたい。同じ20代営業マンへのメッセージとは? トップセールスの秘訣とは?
(以下は『営業type』に3月17日に掲載された記事です)

「何となく面倒臭いから飲み会行かない」はもったいない

本記事は営業type(運営:キャリアデザインセンター)の提供記事です

「昔の若い人たちと比べて、自分の意見を主張しなかったり、反発しなかったりすることが、“草食系”とか“さとり世代”とか言われますよね。でも、それって裏を返せば素直だってことなんじゃないでしょうか」

おのののかさんは自身を含む20代の特徴についてこう話す。

「『最近の若いヤツは上司と飲みに行くのさえ嫌がる』とかもよく聞きますけど、きっと強いこだわりがあって拒否してるわけじゃないと思うんですよ。単に面倒臭いから、とか、その程度の話だと思います。だから上司の皆さんには、あまり怒らないでほしいし、若手の皆さん自身には、もっと壁を取り払う気持ちを持ってもらいたいと思うんです」

「上の世代の人と飲みに行っていろんな話をしないと、せっかくの素直さも分かってもらえないと思うんですよね」というのが自身もお酒が大好きというののかさん流の分析。もし上司との飲み会の席を「なんとなく、面倒臭くて壁を作っている程度」なのだとしたら、その壁を壊すのは簡単とも推測する。

次ページこっちから壁を壊して近づいていこう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT