正月では遅い!来年の計画は12月に考える

自分に合った「計画の立て方」を選ぶのがコツ

1年の計画の立て方にはコツがある。自分がどんなタイプかを知り、自分に合った計画の立て方を実践しよう(写真:tomos/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「そう言えば今年、何をやろうとしていたんだっけ?」

年末が近づいてくると、年明けに掲げた目標や「やりたいことリスト」がいつの間にか放置状態に――この時期のあるあるの一つだと思います。女性のお仕事コンサル活動をしていて、1年間の目標や計画の立て方のご相談を受けることも数多くあります。

目標を達成できない人の共通点

ご相談に来られた女性のお話を伺っていると、1年の目標がいつの間にか放置状態になる人には、目標や計画を立てるタイミングと立て方に共通点があることに気づきました。

タイミング:お正月に目標や計画を立てている

立て方:「やりたいことリスト」に書いている

「1年の計は元旦にあり」「やりたいことをリストにすると実現できる」といったことは、どちらも世間で常識と考えられています。でも仕事のお作法としては、1年間で実現する可能性が高いやり方とは言えません。仕事のお作法としてオススメしたいのは、次のとおりです。

次ページオススメのお作法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT