佐藤優の「村上春樹の読み方」が深い、スゴい

100万部「多崎つくる」は、こう読み解ける

村上春樹作品を読み解く(撮影:尾形文繁)
作家・佐藤優氏と井戸まさえ氏の共著『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける』が12月に発売されました。この連載では本書の特別編として、「政治の基礎知識――オンライン版」をお送りします。新刊には盛り込めなかった時事ニュースや、書けなかったオフレコの話、未収録原稿などを公開していく予定です。
第2回は、佐藤氏が12月に文庫化された村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読み解きながら、「学校教科書の大切さ」「『型』と『型破り』の関係」「自分の頭で考える人になる方法」を解説します。

村上春樹が100万部売れる理由

たった1冊で「政治の基礎知識」がいっきに身につく「大人のための教科書」。作家・佐藤優氏が、小6「公民」の教科書を使って、驚くほどやさしく「政治の基礎から裏側まで」解説する

井戸:佐藤さんは、新刊『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける』の中で、現代は「型破り」の時代だからこそ、まずは教科書という「知の型」を使って「正しい基礎知識」を身につける必要があるとおっしゃっていますね。

佐藤:ええ。武道でも芸術でも何でもそうですが、まずは「型」を身につけるのが大切です。学問も同じで、学校の教科書は、いわば現代における「ひとつの知の型」なんです。もちろんその「型」自体も、学問の進化で変わってきていますが、「型破り」の思考法は、きちんと「型」を身につけた人だからこそできることです。

井戸:「型破り」と「でたらめ」は違う、ということですね。

佐藤:その通りです。その件で、100万部のベストセラーになった村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)が教えてくれることが非常に大きいんです。

井戸:最近、文庫化されて、また話題になっていますね。

佐藤:優れた作品なので複数の読み方ができるわけですが、この作品からビジネスパーソンが読み取ってほしいメッセージのひとつは、「教科書どおりの『型の知識』を身につけることの大切さとその限界」です。どうすれば「型破りの思考法」ができるのかまで含めて、「『型』と『型破り』の関係性」がじつにうまく描かれています。

井戸:私も読みましたが、そういう深読みはできませんでした。どういう箇所からそれが読み解けるんですか。

佐藤:少し長くなりますが、まずは次の引用を読んでください。村上春樹のこの本が100万部以上売れるというのは、たぶん「ここの部分」が相当、人々の心を惹きつけているからだと思います。

次ページ「この部分」が100万部売れた理由?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT