アップルが子どもIT教育に力を入れるワケ

店舗を活用してプログラミングを指導

Hour of Codeでプログラミングに触れる子どもたち

「Go for it!」(頑張れ!)

子どもたちにエールを送ったのは、アップルでソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長を務めるクレイグ・フェデリギ氏だ。

クレイグ・フェデリギ氏

「プログラマーは、あなたが将来なることができる最も創造的で協調的な仕事の1つです。プログラムは考えていることを素早く実現する手段であり、あなたの表現手段なのです」(フェデリギ氏)

この言葉は、生まれたばかりの娘に向けたものでもあった。

アップルは12月10日に、世界中のアップルストアで子どもたちにプログラミングを教える1時間のセミナー「Hour of Code」を開催する。その意義についてフェデリギ氏へのインタビューを行った。

同氏自身のキャリアにも大きく影響を与えたプログラミングに触れる場作りと、同社のプログラミングへの取り組みについて、聞くことができた。

テクノロジーに触れる原体験を提供したい

現在、45歳という若さで世界随一のテクノロジー企業の経営チームに名を連ねるクレイグ・フェデリギ。アップルの新製品発表イベントや開発者会議でも、情熱的な語り口と、的確なデモを披露している。そんな同氏にも、Hour of Codeでプログラミングに初めて触れる子どもたちを同じように、コンピュータに目を輝かせた原体験を持っていたという。

次ページ10歳ではじめてコンピュータを触った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。