インスタグラム、eコマースのテストを実施中

情報筋が、構想を明かす

「Shop Now(今すぐ購入)」ボタンを実装したが、さらに自然な購入体験をしようとしている(写真:AP/アフロ )

インスタグラムは、小奇麗な写真の展覧会場だけに、収まりたくないと思っている。

広告業界の消息筋たちによると、売り上げを伸ばせるプラットフォームであると証明したい同社。さまざまな形で商品を紹介できる新しい広告を開発しており、すでにアプリ内購入のテストまで実施しているという。

先ごろインスタグラムは、「Shop Now(今すぐ購入)」ボタンを実装。それに満足せず、さらなる自然な購入体験を実現しようとしているのだ。

情報筋が明かした、うわさの詳細

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

レストランの協力を得て、実施されているという、このテスト。内情をよく知る広告代理店幹部の情報では、インスタグラムを離れる必要がなく、フィード上に掲載されたメニュー品目のなかから直接販売されるものだという。

そこに利用されるといわれているのが、アップルの感圧タッチ(Force Touch)だ。強く押すことで、複数の商品画像を切り替えられるのだとか。

その広告代理店の幹部は、「イノベーションという視点では、インスタグラム上でたくさんのブランドが多くの可能性を試している」と語った。「感圧タッチが興味深いのは、単に『Shop Now』ボタンを押して購入するのではなく、2~3個の商品から選択ができる点だ。より抵抗のないショッピング体験になる」。

次ページインスタグラム広報は、完全否定
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT