インスタグラム、eコマースのテストを実施中 情報筋が、構想を明かす

印刷
A
A

フェイスブックの原動力になっているのと同じターゲティング機能が、インスタグラムにも用いられている。収集したユーザー情報を使って、それぞれに適した広告を配信しているのだ。

フィードから直接購入できるようにして、ブランドサイトではなく、プラットフォーム内部で購買行動を完結させたいと考えるのは当然だろう。モバイル広告の巨人であるフェイスブックは、この流れに懐疑的なブランドに対して、スマートフォン上のマーケティングは購入への重要なステップであることを証明しようと努めている。

モバイル環境におけるソーシャルメディアは、購入への功績をつねに認められるわけではない。しかし同社に言わせれば、モバイル環境はレジへと通じる不可欠なステップだ。そこで、「Shop Now」などの仕組みを導入して、自らの功績を明確に示せるように取り組んでいる。

フェイスブックにはすでに「ダイナミック・プロダクト広告」があり、小売業者はコンバージョン間近の層をターゲティングできる。また、モバイル版アプリには、ブランドのフェイスブックページをデジタル店舗化できる機能も設けている。

広告の雪崩、クオリティを確保できるか

インスタグラムはというと、2015年6月に「Shop Now」ボタンを実装。複数の商品画像を掲載できる、カルーセル形式の広告の提供も開始した。その一方で、すべてに開放された広告プラットフォームの開設以来、スポンサーによる投稿の質が低下している兆候も見られる。

インスタグラムはかつて、広告のクリエイティブチェックを厳密に行っていた。しかし今後、その基準を維持していくのは簡単ではなさそうだ。そうしたことから、広告業界の一部には、インスタグラムの過剰な商業化に懸念を抱く声もある。

あるトップ代理店の幹部は、インスタグラムはブランディングの場として使い、販売はFacebookに任せるのがベストだと話す。「インスタグラムがこれで落ち目になるのを見たくはない。当面、あるべき姿を維持するべきだ」。さらにその代理店幹部は続ける。「ダイレクト・レスポンス(販売)を実施するべきではない。Twitterはそれで失速した」。

Garett Sloane (原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
インスタグラム、認定パートナー制度を導入:精通した40社がマーケティングを支援
Facebook「カルーセル広告」は、CTRが通常の10倍! ~モバイル広告として最適のスタイル
ピンタレスト、画像検索ツール「クレイジーファン」を発表。投稿からアイテムを切り取って検索

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT