エンジニアにとってキリの良い数字は?

10とか20ではない!

ぼへちゃんの会社では、社内で技術についての勉強会を開くのが活発なようです。ITの世界は日進月歩。つねに新しい技術が発表されています。範囲が広くて、スピードも速い。すべてを個人で勉強していくのは無理です。そのため、ひとりひとり、それぞれ興味を持った分野に限って勉強し、それをみんなで教えあう勉強会が、この世界ではたくさん開かれています。

今年の勉強会、年に何回ぐらいやりたいか、皆に聞いてみたところ、8回、16回、32回と、半端な数が返ってきます。普通は週1回とか年10回とかキリのいい数字が返ってきてもいいものなのですが、なぜでしょうか。

「だってITの世界でキリのいい数字って2のべき乗でしょ」

そうなんです。コンピュータはわれわれが普段使っている10進数ではなく、2進数で動いているんです。2進数での “10” は 10進数では “2”、“100” は “4”、“1000” は “8” です。そう、2進数でのキリのいい数字は、2のべき乗なのです。

ぼへちゃんの同僚は皆エンジニア。皆にとってのキリのいい数字は当然2のべき乗なのですが、まあ、エンジニアとはいえ、10や20もキリのいい数字という感覚は当然持っているので、単に面白がって言っているだけのようですけど。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT