エンジニアは、なぜか独り言の声が大きい

画面に向かって話をしている人いませんか

会社の業務システムなどを担当するシステムエンジニアというと、大声で話さず、物静かなイメージがあるのでは? ところが、独り言がものすごく大きい人もいます。心の声が、なぜか漏れてしまうようなのです。

画面を見ながら「おっしゃ動いた!」「なんで動かないんだ~」「ありえない、まじかー」という悲痛な声(時々は歓喜の声)をあげている人がけっこう多いのです。

自席で画面を見ながらであればまだいいのですが、ぼへちゃんが新しいプロジェクトの打ち合わせをしているときに、驚くべき独り言が・・・。

「ここの仕様は、正しくはAからBにデータが渡るようになっています」と説明をしていたところ、なんと「うそくせー」という声が飛んできました。

正しい仕様なのに、どうしてそんなことを言うんだろうと思ったのですが、一緒に打ち合わせをしていたメンバーの独り言だったようです。

彼が見ていたサイトの仕様の説明がどうも、胡散臭かったようです。独り言が、タイムリーに会話にはまるとびっくりします。多少の独り言は構いませんが、ちょっとボリュームを控えめにしましょうね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT