エンジニアは、なぜか独り言の声が大きい

画面に向かって話をしている人いませんか

会社の業務システムなどを担当するシステムエンジニアというと、大声で話さず、物静かなイメージがあるのでは? ところが、独り言がものすごく大きい人もいます。心の声が、なぜか漏れてしまうようなのです。

画面を見ながら「おっしゃ動いた!」「なんで動かないんだ~」「ありえない、まじかー」という悲痛な声(時々は歓喜の声)をあげている人がけっこう多いのです。

自席で画面を見ながらであればまだいいのですが、ぼへちゃんが新しいプロジェクトの打ち合わせをしているときに、驚くべき独り言が・・・。

「ここの仕様は、正しくはAからBにデータが渡るようになっています」と説明をしていたところ、なんと「うそくせー」という声が飛んできました。

正しい仕様なのに、どうしてそんなことを言うんだろうと思ったのですが、一緒に打ち合わせをしていたメンバーの独り言だったようです。

彼が見ていたサイトの仕様の説明がどうも、胡散臭かったようです。独り言が、タイムリーに会話にはまるとびっくりします。多少の独り言は構いませんが、ちょっとボリュームを控えめにしましょうね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。