エンジニアは、なぜか独り言の声が大きい

画面に向かって話をしている人いませんか

会社の業務システムなどを担当するシステムエンジニアというと、大声で話さず、物静かなイメージがあるのでは? ところが、独り言がものすごく大きい人もいます。心の声が、なぜか漏れてしまうようなのです。

画面を見ながら「おっしゃ動いた!」「なんで動かないんだ~」「ありえない、まじかー」という悲痛な声(時々は歓喜の声)をあげている人がけっこう多いのです。

自席で画面を見ながらであればまだいいのですが、ぼへちゃんが新しいプロジェクトの打ち合わせをしているときに、驚くべき独り言が・・・。

「ここの仕様は、正しくはAからBにデータが渡るようになっています」と説明をしていたところ、なんと「うそくせー」という声が飛んできました。

正しい仕様なのに、どうしてそんなことを言うんだろうと思ったのですが、一緒に打ち合わせをしていたメンバーの独り言だったようです。

彼が見ていたサイトの仕様の説明がどうも、胡散臭かったようです。独り言が、タイムリーに会話にはまるとびっくりします。多少の独り言は構いませんが、ちょっとボリュームを控えめにしましょうね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT