iPhoneの成長、本当に止まってしまったのか

アップル最新決算にみえる懸念と希望

iPhoneの成長は止まってしまったかのようにみえる。しかし、そうは単純に言い切れないようだ(撮影:大澤 誠)

アップルは米国時間1月26日に、2016年第1四半期の決算発表を行った。欧米でもっとも購買が盛り上がるホリデーシーズンが含まれる決算は、これまで通り「過去最高」の収益を達成した。

しかしその内容と将来の予測は、必ずしも明るいものではなかった。

過去最高、しかし成長は止まったiPhone

アップルの2016年第1四半期決算は、759億ドルの収益を上げ、純利益は184億ドルという結果で、いずれも前年同期比からわずかな増加となった。また利益率は40.1%へと増加している。過去最高を更新する素晴らしい決算であったが、前年同期決算が前々年同期から30%の収益増加だったことを考えると派手さはない。

アップルは決算発表の中で、主要製品ごとの台数と収益を発表する。ここ最近の大きなトレンドは「伸び続ける稼ぎ頭のiPhone」「減少トレンドが顕著なiPad」「堅調に推移するサービス」「微増し続けているMac」「Apple Watch効果で押し上げられるその他のカテゴリ」の5点を指摘することができた。

2016年第1四半期決算について、前年同期比と比較しながら同じようにカテゴリのトレンドをみていくと、次のようになる。

次ページ今回の決算のポイントは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。