アップルがMacとiPadを1台にしない理由

なぜマイクロソフト流の統合をしないのか

日本は、「日本語」という特殊な環境を持ちながら、人口が10倍の中国市場と同じように、アップルの決算書類のなかで主要な市場として個別の数字が出されているほどに、重視されている。Macへのソフトウェアの取り組みにおいても、日本を重視している点を、クロール氏は強調した。

「アップルストアの米国外出店は、銀座が初めてです。国際化を考える際、真っ先に日本を考えてきた。製品もいち早く投入してきた市場で、1986年には日本向けのフォントを提供した。辞書機能や、日本語のライブ入力、OS X El Capitanで高精細なRetinaディスプレー向けの新しい日本語フォントの提供など、機能面だけでなく、デザイン面にもこだわっている」

Macの製品をよりよくする際に、日本の消費者に向けた取り組みを強化しており、今後も継続していく考えを示した。また、絵文字については、日本からのフィードバックを受け手Macにも導入されたと指摘した。

Macの魅力は連携機能にある

クロール氏は、Macの魅力についても、複数のアップル製品との簡単で快適な連携を指摘した。披露したデモは、写真・ビデオの編集と、音楽ソフトウェアについてだった。

iPhoneで撮影した写真は自動的にMacに同期され、何の操作もなくMacの大きなディスプレイで楽しむことができ、編集してもすぐにほかのデバイスに反映される。また4Kビデオの撮影が可能になり、Macでは3つの4Kストリームを並べて編集できるパワフルさをアピールした。

また音楽アプリでは、新たにiPad向けに刷新されたGarageBandを紹介し、まるでDJのようにループ音楽を作成し、Macに転送して仕上げるまでのデモが行われた。ユニークな点は、連携の手段がiCloud、その場のデバイス同士の共有手段であるAirDrop、メッセージ送信と多彩な点だ。

クロール氏は、クリエイティブがクリエイターのためのものではなく、非常に身近になった点を指摘する。マシンパワーと使いやすいソフトウェアで、誰でもがコンテンツを作り出す可能性がある点は、必ずしもホビーユースに留まらないという。

次ページプログラミングの道具としての役割
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT